ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル人女性が米国市会議員に=25年前にゴイアス州から渡米

ブラジル人女性が米国市会議員に=25年前にゴイアス州から渡米

 7日、米国マサチューセッツ州で行われた州内の市の市会議員選挙で、ブラジル出身の女性が当選を果たした。9日付現地紙が報じている。
 当選したのはマルガレッチ・シェパードさん(59)で、州都ボストンから36キロ離れた人口6万8千人のフラミンガム市の市会議員に当選した。
 マルガレッチさんはゴイアス州出身で、25年前にマサチューセッツ州に旅行ビザで渡航し、他のブラジル人女性同様、清掃婦(faxineira)として働き、生計を立てていた。マルガレッチさんは米国人男性と結婚するまでの約1年間を不法滞在者として過ごしたが、現在は2人の子どもと3人の孫に恵まれている。また、小規模な清掃会社を設立し、その社長として、活躍している。
 フラミンガムは人口の20%にあたる1万5千人がブラジル移民という、米国でも屈指のブラジル移民街だ。マルガレッチさんは5年前から「ブラジル女性の会」に加盟して政治活動をはじめ、書類を持たない移民でも自動車免許がとれるよう求める運動などを行ってきた。
 マルガレッチさんは民主党から出馬。同国のトランプ政権が掲げる移民排除政策に、移民の立場から強く反対している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される2019年1月15日 リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される  13日午前、リオ州議で元リオ州市警司令官のマルタ・ロシャ氏(民主労働党・PDT)を乗せた自動車が4発の銃撃を浴びる事件が起きた。防弾車だったこともあり、死者は出なかったが、殺害未遂が疑われている。14日付現地紙が報じている。  この銃撃で、マルタ氏の運転手のジェオニジオ・メ […]
  • 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け2018年10月10日 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け  6日、サンパウロ市で10代の少年4人が軍警と銃撃戦を行い、死亡したとされる事件が起きたが、目撃者らは、少年たちは投降したのに銃殺されたと証言していると9日付現地紙が報じている。  事件発生は6日午後7時40分頃、サンパウロ市西部のジャグアレー区で、警官が盗難届の出ていた黒の […]
  • ブラジル・フォルクスワーゲン社=従業員千人に集団休暇=アルゼンチン向け輸出とブラジル国内需要の落ち込みで2018年7月20日 ブラジル・フォルクスワーゲン社=従業員千人に集団休暇=アルゼンチン向け輸出とブラジル国内需要の落ち込みで  アルゼンチン向けの自動車輸出減と、5月下旬のトラックスト後に顕著になった国内需要の落ち込みにより、ブラジル国内の自動車製造会社各社が、年頭からとっていた増産体制の見直しを迫られていると、19日付現地紙が報じた。  フォルクス・ワーゲン(VW)社は、サンパウロ市の隣のサンベル […]
  • 《ブラジル》5月の小売販売は前月比0・6%減=トラックストの影響避けられず2018年7月13日 《ブラジル》5月の小売販売は前月比0・6%減=トラックストの影響避けられず  地理統計院(IBGE)が12日、5月の小売販売(量)は、4月より0・6%減少したと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  小売販売が前月比で減少したのは今年初で、3月から4月に増えた0・7%分を帳消しにした。  ただ、3~5月の移動四半期(通常の四半期と違い、任意の月か […]