ホーム | 文芸 | 連載小説 | 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊 | 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(3)

回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(3)

 夜寝る時も、軍服のようなものを着たまま寝ます。これは、いつ起きなければいけないか分からないからです。
 話は変わりますが、日本人の兵隊さんが弱ってヒョロヒョロになり、傷ついた方も団へ入って来ました。興安嶺(こうあんれい)へ隠れて逃げてきたのでしょう。何日も食べず飲まずだったのだと思います。そして入ってくるなり、「ここは日本人の部落か?」と聞くので、「そうだ、日本人の部落だ。しっかりせよ」と言うと、バッタリ倒れた人もいました。
 一度は14~15人の団体で来た時があり、その時はそれぞれの家庭で分担して介抱し、皆が回復してから一緒に団を出て行くことになりました。一番先頭の隊長さんが皆にお礼を言って、長い軍刀を高く振りながら別れを惜しんで土壁の門を出て行った姿は、今でも目に、胸に、はっきりと残っています。
 こうして昔のことを書き始めると、何もかもがほんの20年位前のだったかのように、鮮明に新たなことが思い出されてきます。色々な目に遭いながらも、お陰さまで私たちは難を逃れてきました。
 ある時、私の母と兄嫁(クニャーダ)がチブスにかかりました。感染病なので隔離しなければならず、父が2人の看病をすることになりました。ある晩、兄嫁のお父さんが「家が焼かれ始めたから早く逃げなければ」と言いに来て、私たちは飛び起きました。その後すぐに、彼はお父さんのいる隔離室へ向かって走っていきました。
 するとお父さんはこう言いました。「この熱のある2人を連れて外へは行けない。自分たちは仕方ないから、お前たちは早く逃げなさい」。私たちは走って逃げました。逃げると言っても、団の外側は堀があり、次に高い土壁があるので、それを一生懸命かけのぼります。そこを越えるともう一つ堀があって、次が道になっており、そこから野原の方へ必死で走って行きました。
 かくれ場所があったのでそこへ行くと、何人もが逃げて来ていました。1人の妹は他の人と一緒に逃げてきたのか、後になってかくれ場所に来て一緒になりました。
 どれ位経ってからかは記憶にありませんが、しばらくして外を見に行きました。家は空を赤くして燃えていました。匪賊は家を焼いて、その明かりで良い物を盗っていくのです。大分火も弱った頃に、誰かが「もう心配いらないから戻って来なさい」と大きな声で叫んでくれました。
 安心して戻っていくと、土壁の入り口で私たちはお父さんに会いました。お父さんは2人に布団をかぶせ、2人はその布団を引きずって歩いていました。その時の嬉しかった事は、今も忘れられません。本当に人間は、全力を出したらすごいものですね。3人はまた、隔離室へ行きました。私はホッとしました。
 こうして私たちの家は焼かれてしまったので、今度は別の人の家でお世話になりました。あの晩、逃げずに家にいた人は、叩かれたり殴られたりしたそうです。後で聞いて、私はゾッとしました。この時も、ご先祖様が導いて下さったのだと思います。
 色々な危ない目に遭いながらも過ごしている内に、私たちにも南下の命令が下り、30里(百20キロ)離れた札蘭屯(ジャラントン)という所へ向かう事になりました。それも夜になってから、最前の人の煙草の灯を頼りに、長い列が黙々とついて行くのです。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(11)2017年11月28日 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(11)  苦しみや悲しみにうち沈んでいる内に時が経ち、翌1975年7月18、19、20日の3日間、朝に大霜が降り、コーヒーの木は全滅。この時はさすがに私でも希望を失い、元気もなくなってしまいました。  この頃のコーヒーの木は12年木となっており、毎年大成りが続いていたのです。また、買 […]
  • 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(9)2017年11月24日 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(9)  すると思いがけなく、そこの地主の国井さんという人が、こちらが払った分をそっくり持ってきて返して下さったことには、みんなが驚きました。こちらがやめたものだから、そのお金を返してもらえる等とは誰一人思っていなかったのです。ブラジルにもこんなに心の温かい人がいるものだと、有難く思い […]
  • 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(10)2017年11月25日 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(10)  コーヒーの木が小さい時は間作といって、その間、色々な雑穀を植えるのです。米は中へ4通り、フェジョン、大豆、ミーリョ(とうもろこし)と色々な種を蒔きました。どこの家もポルコは太らせて売りますから、ミーリョが一番必要なものです。米の収穫などで、倉庫も建てました。  私の家は主に […]
  • 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(6)2017年11月18日 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(6)  また、これは引き揚げに関した事ではなく、在満中にいつも行っていた事です。  秋になり、雑穀物を収穫して家に運んできてから脱穀する時、キンタウ(裏庭)に平らに水をまき、凍らせてその上で脱穀するのです。地面に広く水を撒くと、何時間もしない内に凍ってしまいます。その上へ大豆でもと […]
  • 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(7)2017年11月22日 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(7)  私が嫁いだ所は郡が違う遠い場所でした。まだ今まで一度も見たことがないところで、そこは田も畠も高い所にありました。これまで会社勤めをしていた私には、段々畑を早足で歩いたり、坂を駆け上ったりする事はとてもキツいことでしたし、なかなか大変な仕事でした。しかし一生懸命頑張ったことは確 […]