ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラックフライデー=今年は銀行、不動産も参戦=注意呼びかける消費者保護センター

ブラックフライデー=今年は銀行、不動産も参戦=注意呼びかける消費者保護センター

 24日(金)の「ブラックフライデー」(11月最終金曜日の特売日)を目前に控え、サンパウロ州の消費者保護センター(プロコン)が、消費者からのクレームが増える事が予想されるとしていると22日付現地紙が報じた。
 これまでもブラックフライデーを行ってきた家電量販店などの他、銀行や不動産屋もブラックフライデーに参加するようになってきたとプロコンは指摘し、「2013年はブラックフライデーと言えば、家電製品の特売のことだけを指していたが今では業種も大幅に増えた」と監査統括のブルーノ・ストゥロエベル氏も語る。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ