ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》中国交通建設が南部鉄道に触手=聖州内の契約更新次第だが

《ブラジル》中国交通建設が南部鉄道に触手=聖州内の契約更新次第だが

 インフラ関連事業などでブラジル進出が著しい中国企業の一つ、中国交通建設股份有限公司(CCCC)が、ブラジルの南部3州を走る南部鉄道(Malha Sul)の株式購入を考えていると29日付現地紙が報じた。
 コーザン・グループのRumo(旧ALL)が運営する南部鉄道は、サンパウロ州内の2039キロを含むと総延長7208キロの貨物鉄道だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ