ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ=難病FAP啓発活動=大きな足のモニュメントが市内に

サンパウロ=難病FAP啓発活動=大きな足のモニュメントが市内に

 「大きな足の上を這い回る何十匹もの蟻」「いくつもの枕の上に乗った大きな足」「焚き火を踏み消している素足」―。普通の人の身長をゆうに超える高さのモニュメントがサンパウロ市内に置かれている。
 巨大な足の上を蟻が何十匹も這いまわっているようなモニュメントは、決して見て気持ちのよいものではなく、醜悪とさえいえる。しかし、それを見た人に大きなインパクトを与えるという意味ではこの試みは成功だ。
 ブラジル神経病学会(ABN)が、製薬会社ファイザーの資金援助を受けて行ったキャンペーンは、家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)という疾患への理解を広める事が狙いだ。
 三つのモニュメントを作成したエドゥアルド・スル氏も、依頼を受けるまでFAPの事を知らなかったという。モニュメント作成の狙いは、「見た人が足を止め、忙しい生活の中で少しだけでも時間をとって、FAPについて知ってもらう事」としている。
 「何十匹の蟻」や「まくらの上の足」、「火の気が残る焚き火の跡を素足で踏んでいる様子」は全てFAPにかかってしまった場合の症状を表している。
 FAPは、足がチクチクしたり、まるで足だけ寝てしまっているように感覚がなかったり、焚き火の跡を素足で踏んでいるかのような痛みを感じるなど、初期症状が足に現れる病気だ。
 悪化すると、下痢や立ちくらみ、排尿障害などの症状が出て、体重減少や心電図異常などが加わる。重症化すると心不全や尿毒症、肺炎などが起こり、数年〜数十年で死に至るケースもある。
 サンパウロ連邦大学(Unifesp)教授で、ABNメンバーのアカリー・オリヴェイラ氏は、FAPはポルトガル北部の小都市、ポボア・デ・ヴァルジンが起源で、ポルトガル移民がブラジルに持ち込んだとされていると説明した。
 FAPは10万人に1人程度がかかる遺伝性の病気で、全身の多くの器官に異常な蛋白質が蓄積する病気の中でも、神経障害を主な症状にするものをいう。
 家族や親族にFAPにかかった人がいると心配している人々への朗報として、FAPの症状の進行を抑える新薬が承認されたことや、蛋白質の蓄積を妨げ、FAPの遺伝を食い止める治療法がテスト段階に入っていることも、オリヴェイラ氏は明らかにした。(11月30日付エスタード紙、フォーリャ紙などより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声2021年6月25日 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声  【既報関連】23日夕刻、リカルド・サレス環境相の辞任と、ジョアキン・アルヴァロ・ペレイラ・レイテ氏の後任指名を告げる号外の連邦官報が出たと23、24日現地紙、サイトが報じた。  サレス氏は5月19日に行われた連警の「アクアンドゥバ作戦」の捜査対象の一人。不法伐採や違 […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]