ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(6)

どこから来たの=大門千夏=(6)

 ここから丘の上を見ると間違 いなくあの家だ。この丘の頂上に向かって一直線に雨でえぐられた、でこぼこの土道があり、息を切らして登る。登りきったところに家は一軒もなく緑もない。あるのは吹き上げる風と赤茶色の土ばかり。この五軒長屋が左手にある。色とりどりにペンキが塗られ、これが童話に出てくるような家だって? 魔法使いのおばあさんだってこんな趣味の悪い家には住んでいない。
 一番左の家は黄色――それも濃厚な黄色、二番目の家が真っ赤に近い赤茶色、三番目が濃いブルー、四番目が緑色、そして夫が買ったという一番右端の家は何とショッキング・ピンク色!
 これでは見ているだけでも気恥かしい。あの家を買ったと言うのはもっと恥ずかしい。幅は六m、奥行き二五mに二階建てが建っている、という小さな家だった。
 しかし家主は売るためにペンキ塗りをしたらしく、周りの塀は家と同じショッキング・ピンク、青、黄色に塗ってあり、二階のテラスが大きく玄関口まで伸びていて、このテラスを支える柱三本がピンク、青、黄色に塗ってある。
 ベルを押すと良く太った善良そうな中年の男が出てきて、次に女房らしき大分年の離れた若い女が出てきてニコニコと愛想がよい。
 鉄の扉を押して中に入ると長さ六mの車庫には赤いタイルがはってある。応接間の中は、手前の窓のある壁が青色、左の壁は濃い黄色、右の壁は怪しげなピンク色、見ていると目がくらくらしてくる。二階に上がる階段の柱も三色に塗ってある。これがポルトガル人の色彩感覚だ、と夫は知ったような事を言ったが、単にこの夫婦の好みであろう。応接間の奥は台所、洗濯場、その奥には女中部屋が二つあり、トイレもある。
 二階には二寝室にトイレ兼シャワー室が一つ。ご夫婦も二階までは手が回らなかったと見えてここはすべて白い色に塗ってあったのが救いだった。
 二階のテラスに立つと強い風が吹き上げ、雲ひとつない大きな空がたっぷりと広がっている。なだらかな赤土の丘がどこまでも続いて、ぽつんぽつんと人家が見える。所々ユウカリ林も見える。たったそれだけの、他に何もないお粗末なさみしい場所。眼下のバス道路を隔てて向こう側に、ここよりも高い赤土の丘があって、はるか向こうの尾根を時折車が走っているのが見える。「あれがアベニーダ・サンタ・カタリーナです」と主がいう。
 かつて知人がサンタ・カタリーナ区の分譲地を買ったが、行くたびにピストルを持った六?七人の男に囲まれて、恐ろしくてとうとう払い終わった土地を捨てたという話をしていたが、それが今見える向こうの丘に違いない。
 家の前は空き地で草ぼうぼう。その向こうにユーカリ林があって、その方角に太陽が沈む。周り一帯はすべて土道。アスファルトなんかどこにもない。へーこんな所に…町のど真ん中に生まれ育った私は唖然とした。
 しかしお金がないのだからしようがない。我々に買えるのはこのあたりしかないのだ。ここが分相応なのだ。しかし夫にとっては「郊外の高台にある家」に住めることになったのだから満足の極み。
「何にもないところじゃあないの」
「それがエエねん、静かで」
「町から遠いなー」
「何しに町に行く」
 全く馬耳東風とはこのこと、夫はこの家がすっかり気に入ったようだった。そうして手回し良く一ヵ月もするとここに引っ越してきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]
  • どこから来たの=大門千夏=(99)2018年5月19日 どこから来たの=大門千夏=(99)  夜、山田さんに食事をごちそうになる。彼もこの国に遊びにきて女性に捕まった一人である。どうしてこんなに簡単に沈没してしまうのだろうか? […]