ホーム | ブラジル国内ニュース | チリ大統領選=ピニェラ氏が4年ぶり復帰へ=予想外に最後まで苦戦も=南米で相次ぐ中道右派政権

チリ大統領選=ピニェラ氏が4年ぶり復帰へ=予想外に最後まで苦戦も=南米で相次ぐ中道右派政権

当選を決めたピニェラ氏(Agência EFE)

当選を決めたピニェラ氏(Agência EFE)

 17日、チリの大統領選の決選投票が行われ、企業家出身で保守派の元大統領(2010~14年)、セバスティアン・ピニェラ氏が左派連合推薦のアレハンドロ・ギリエル上議に勝利し、大統領に返り咲くことになった。パラグアイ、アルゼンチン、ブラジルに続く、左翼から中道右派への政権交代となる。18日付ブラジル国内紙が報じている。
 現大統領のミチェレ・バチェレ氏とピニェラ氏との間で大統領を交互に繰り返すことは2006年から続いており、今回ピニェラ氏がバチェレ氏から政権を取り戻すことも多くの国民が予想していた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ