ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》送電線入札全11区で成立=これまでにない盛況で閉幕

《ブラジル》送電線入札全11区で成立=これまでにない盛況で閉幕

 国家電力庁が15日、送電線の架設や変電所の建設、その後の運営を担当する企業や企業体を選ぶための入札を行い、11の企業や企業体が11区全てを落札したと16日付現地紙が報じた。
 競売が行われた区間全てが落札したのは、2014年以降、初めてだ。しかも、各区間の入札企者数は4月に行われた入札の約2倍の平均14・09に増えた。また、競争激化のため、収益の分け前を政府が設けた上限の何%まで割り引くかというオファー(割引率)は34・7~53・9%(平均40・46%)に達し、2011年に記録した36・5%を上回った。最初に入札した割引率が同じか5%以下の差だった6区間では、口頭での競りが行われた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ