ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁がラヴァ・ジャット容疑の政治家に大甘判断=カブラル夫人やPP議員含む

《ブラジル》最高裁がラヴァ・ジャット容疑の政治家に大甘判断=カブラル夫人やPP議員含む

 18日、最高裁の第2小法廷がラヴァ・ジャット作戦で容疑をかけられている政治家の告発を認めず、さらにリオ州元知事のセルジオ・カブラル被告の妻アドリアーナ・アンセルモ被告の処分を自宅軟禁に変えるなどの温情的な判断を与えた。19日付現地紙が報じている。
 最高裁第2小法廷はラヴァ・ジャット作戦(LJ)絡みの政治家の審理を行うが、政治家への裁きの寛大さが問題視されているジウマール・メンデス判事もその一員だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ