ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=オンラインで写真を競売=スラム援助の資金作りに

リオ市=オンラインで写真を競売=スラム援助の資金作りに

武器の代わりに楽器を持つ青年音楽家達(Anderson Valentim/Favelagrafia)

 リオ市の写真家達が、コロナウイルスの蔓延で苦しむファヴェーラ(スラム街)の人達を支援する資金作りのため、自分達が撮影した写真をオンラインで競売にかけた。
 写真の競売を計画したのは、「ファヴェラグラフィア」と呼ばれるプロジェクトに参加する9人の若手写真家達だ。スラム街では新型コロナウイルスの感染拡大で仕事に出れなくなった人や失業した人が多く、スラムで写真を撮り続ける写真家達は、住民の痛みや苦しみを肌で感じている。
 競売が行われたのは5月28日夜で、競売で得た資金は、スラム街に住む人々に配る基礎食料品セットの購入費に充てられる。
 ファヴェラグラフィアは2016年に立ち上げられたプロジェクトで、リオ市内にある九つのスラム街の日常を写真で記録。スラム街は暴力だけが支配している場所ではない事を国内外に示してきた。

 国際的にも知られた写真の一つは、米国の歌手スヌープ・ドッグのインスタグラムに掲載された、「トゥラノの丘」と呼ばれるスラム街で音楽活動を行っている青年達が、武器の代わりに楽器を持って写ったものだ。 音楽グループの写真や民家の窓から顔を出した2匹の犬など、スラム街での日常を写した写真の数々は、リオ市の現代美術館で2度、サンパウロ市のトミエ・オオタケ研究所で1度、展示された事がある。
 リオ市北部のボレルの丘に住み、このプロジェクトに参加する写真家のアンデルソン・ヴァレンチン氏は、オンラインでの写真競売は以前も1度行われており、良い結果を得たため、コロナ禍で苦しむ人達を助けるために、再度行う事を決めたという。
 写真家達は、スラム街に住みながら、公的な支援を受けて居ない家族、3千世帯を助けるための募金活動も行っている。(5月28日付G1サイトより) 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》衛生環境不備で4万人が入院=必要経費は1610万レアル2020年6月9日 《ブラジル》衛生環境不備で4万人が入院=必要経費は1610万レアル  ブラジル環境・サニタリー技術協会(ABES)が5日、衛生環境の不備が原因で病気になって入院した人が第1四半期だけで4万人いたと発表した。  衛生環境が不十分または不適切なために起こる病気(DRSAI)による入院期間の平均は3日間で、統一健康保健システム(SUS)が保 […]
  • 文協=初のオンライン全伯代表者会議=大半が停止、資金難に直面=「日系社会全体のためにも動いて」2020年6月17日 文協=初のオンライン全伯代表者会議=大半が停止、資金難に直面=「日系社会全体のためにも動いて」  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の第622回理事会が11日午後6時半から、Zoomを使った初めてのオンライン会議として、全伯主要日系連合会の代表者ら73人(最大時)が参加する形で開催された。コロナ禍による外出自粛が始まってから3カ月弱、ようやく全伯日系社会の […]
  • 東西南北2020年4月3日 東西南北  労働者党(PT)と民主社会党(PSDB)は、ボウソナロ氏当選前まで、熾烈な政権争いを繰り返してきたライバル同士だが、今回のコロナ騒動で歩み寄る姿が話題になっている。それは、ドリア・サンパウロ州知事(PSDB)が軍警を工場に派遣して保健関係者のマスクを大量に獲得させた件に関し、 […]
  • サンパウロ州海岸部=集中豪雨で12人の死者=救出作業中の消防士も殉職2020年3月4日 サンパウロ州海岸部=集中豪雨で12人の死者=救出作業中の消防士も殉職  サンパウロ州バイシャーダ・サンチスタ地区が2~3日に集中豪雨に見舞われ、3日午後0時40分現在で、死者12人、行方不明者46人という惨状になっていると3日付現地紙サイトが報じた。  2日からの雨は12時間で100ミリを超える強いもので、サンヴィセンテとグアルジャー、 […]
  • サンパウロ市のカーニバルにガロ!=レシフェより小型で午前中2020年2月22日 サンパウロ市のカーニバルにガロ!=レシフェより小型で午前中  サンパウロ市のカーニバルは、21日からのスペシャルグループのパレード開始で佳境に入ったが、今年は25日のカーニバル当日もいつもと違う趣向が楽しめる。  今年初の企画は、ペルナンブコ州レシフェで22日未明(午前5時)から行われる「ガロ・ダ・マドルガーダ(未明の雄鶏の意 […]