ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=オンラインで写真を競売=スラム援助の資金作りに

リオ市=オンラインで写真を競売=スラム援助の資金作りに

武器の代わりに楽器を持つ青年音楽家達(Anderson Valentim/Favelagrafia)

 リオ市の写真家達が、コロナウイルスの蔓延で苦しむファヴェーラ(スラム街)の人達を支援する資金作りのため、自分達が撮影した写真をオンラインで競売にかけた。
 写真の競売を計画したのは、「ファヴェラグラフィア」と呼ばれるプロジェクトに参加する9人の若手写真家達だ。スラム街では新型コロナウイルスの感染拡大で仕事に出れなくなった人や失業した人が多く、スラムで写真を撮り続ける写真家達は、住民の痛みや苦しみを肌で感じている。
 競売が行われたのは5月28日夜で、競売で得た資金は、スラム街に住む人々に配る基礎食料品セットの購入費に充てられる。
 ファヴェラグラフィアは2016年に立ち上げられたプロジェクトで、リオ市内にある九つのスラム街の日常を写真で記録。スラム街は暴力だけが支配している場所ではない事を国内外に示してきた。

 国際的にも知られた写真の一つは、米国の歌手スヌープ・ドッグのインスタグラムに掲載された、「トゥラノの丘」と呼ばれるスラム街で音楽活動を行っている青年達が、武器の代わりに楽器を持って写ったものだ。 音楽グループの写真や民家の窓から顔を出した2匹の犬など、スラム街での日常を写した写真の数々は、リオ市の現代美術館で2度、サンパウロ市のトミエ・オオタケ研究所で1度、展示された事がある。
 リオ市北部のボレルの丘に住み、このプロジェクトに参加する写真家のアンデルソン・ヴァレンチン氏は、オンラインでの写真競売は以前も1度行われており、良い結果を得たため、コロナ禍で苦しむ人達を助けるために、再度行う事を決めたという。
 写真家達は、スラム街に住みながら、公的な支援を受けて居ない家族、3千世帯を助けるための募金活動も行っている。(5月28日付G1サイトより) 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》交響楽団がパンデミック下初の舞台演奏=コンサートの録画を公開2021年5月28日 《ブラジル》交響楽団がパンデミック下初の舞台演奏=コンサートの録画を公開  ブラジル交響楽団(OSB)が20日、新型コロナのパンデミックが始まって以来初めて、舞台で演奏したコンサートを録画し、26日から公式サイトで公開と26日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  OSBはパンデミックが始まってからずっと社会隔離を守り、練習は100%リモ […]
  • 東西南北2021年4月7日 東西南北  3月26日から4月4日にかけて、サンパウロ市では「フェリアドン」と呼ばれる大型10連休が実施された。サンパウロ市の公共交通機関ではその間、乗客数がおよそ3分の1減ったという。この期間中、市内のバスや地下鉄、CPTMでは1日平均123万8千人の利用があったが、それは赤レベル実施 […]
  • 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で2021年3月3日 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で  自動車メーカーのゼネラルモータース(GM)が1日、サンパウロ州ヴァレ・ド・パライバにある工場での生産活動を2カ月間停止する事と、従業員600人をレイオフとする事を決めたと2日付現地紙が報じた。  GMが生産活動停止を決めたのは、電気系統を中心とする部品の供給不足が原因だ。新 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染者が1千万人を突破=500万人超え後4カ月で=予防接種は遅々として進まず2021年2月20日 《ブラジル》コロナ禍=感染者が1千万人を突破=500万人超え後4カ月で=予防接種は遅々として進まず  新型コロナの感染拡大は止まらず、最初の感染者確認から359日目の18日には感染者が1千万人を超えたと18、19日付現地紙、サイトが報じた。頼みの綱の予防接種は、遅々として進んでいない。  保健省の統計での18日現在の感染者は、前日比5万1879人増の1003万626 […]
  • 《ブラジル》大使交代要求を中国が2度無視=大統領三男や外相と激しく対立2021年2月17日 《ブラジル》大使交代要求を中国が2度無視=大統領三男や外相と激しく対立  駐ブラジル中国大使の交代を求めるブラジル政府からの要請を、中国政府が2度拒否していたことが明らかになった。同大使は、大統領三男エドゥアルド下議の度重なる中国批判に対する不満を表明し、対立を続けている。14日付現地紙サイトが報じている。  ブラジル側が中国側に交代を求 […]