ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再びぶり返したといったところか。年齢別に見ると罹患者の大半は高齢者だが、50代も増えているという。また、「サンパウロ州ではわずか10%の州民しか予防接種を受けていない」というデータもあるように、油断をしている人も少なくないとか。「まさか」が起きないためにも、事前の心がけはやはり必要か。
     ◎
 クリスマス直前の23~24日に雨が多く降ったことで、カンタレイラ水系の12月の降水量は26日午前9時現在で175ミリまで上昇。水位も39%台に乗り、40%に回復するまでもう少しのところまで来ている。年末の予報だと、明日28日まではにわか雨などの恐れがあるものの、それ以降は年内いっぱい晴れそうで、次に本格的に雨が降るのは、年が明けて数日経ったあたりだという。春先の降雨が順調だっただけに、夏も続いてほしいところ。
     ◎
 本号が今年最後の発行となる本紙だが、年が明ければ、ボウソナロ大統領による新政権がはじまる。13年頃からの5~6年はある意味、動乱期ともいえたブラジルだが、新大統領の就任と共に安定に向かうのか、それともさらに激動に富んだものとなるのか。それは現状ではわからない。ただ、端境期の今は、あえて何も考えず、一息つくのもいいかも。良いお年を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月17日 東西南北  昨日の話題は、本面でも報じている、ボウソナロ大統領が出した銃規制緩和の大統領令一色となっている。国民の間で議論が尽きない話題ではあるが、それとは関係なしに気になったのが、大統領が同令に署名する際に使ったボールペンだ。これは「BIC」社のもので、国内であればどこの文房具店でもか […]
  • 東西南北2019年1月15日 東西南北  ボウソナロ大統領の長男でリオ州議のフラヴィオ氏(2月から上議)の「疑惑の職員」と騒がれている、ファブリシオ・デ・ケイロス氏はつい先日、癌の手術で入院していたサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院を退院した。だが、その直後に、入院中に妻や娘たちと元気にサンバを踊っていた動 […]
  • 東西南北2019年1月16日 東西南北  米国のトランプ大統領が14日、ボウソナロ大統領をほめた。トランプ氏はニュー・オーリーンズでの全米農業機構会議での演説で、「03年のブラジルとの貿易関係活性化以来、初めて、ブラジルに牛肉が売れた。あの国には今、いい大統領がいる。なんでもあの国の人々は彼を〃南米のトランプ〃と呼ん […]
  • 東西南北2019年1月11日 東西南北  9日付本面で、ボウソナロ大統領が圧力をかけた形で、国立再生可能天然資源環境院(IBAMA)のスエリ・アラウージョ院長が辞任したという話を書いたが、そのIBAMAが9日、2012年に自然保護区で釣りを行ったことでボウソナロ大統領に課していた罰金1万レアルを帳消しにした。IBAM […]
  • 東西南北2019年1月12日 東西南北  11日、陸軍総司令官のエドゥアルド・ヴィラス・ボアス氏の退任式とエジソン・レアル・プジョル氏への引継式が行われた。ボアス氏は、まだジウマ政権だった2015年に陸軍総司令官に就任。ジウマ氏の大統領罷免後も、テメル政権を経て、ボウソナロ政権成立に至るまでの激動期に陸軍総司令官を務 […]