ホーム | 日系社会ニュース | 「百歳以上高齢者は連絡を」=百歳表彰で総領事館が呼びかけ

「百歳以上高齢者は連絡を」=百歳表彰で総領事館が呼びかけ

 在聖総領事館(野口泰総領事)は、2019年度(令和元年)の百歳高齢者表彰の該当者募集を受付けている。締切りは、5月30日まで。
 例年、敬老の日を記念し、百歳以上の邦人高齢者に対して、内閣総理大臣から祝状と記念品が贈呈される。
 対象は、1919年(大正8年)4月1日から1920年(大正9年)3月31日までに出生した人。なお、過去に表彰されなかった100歳以上の人も含む。
 対象者は、同館総務班(メール=cgjpassaporte1@sp.mofa.go.jp、電話= 11・3254・0100)まで一報した上、必要書類を同館に直接、もしくはメール、郵便等で送付する。サンパウロ州、麻州、南麻州、三角ミナス地域以外は、管轄の在外公館に連絡すること。
 必要書類は、該当者の身分証明書(外国人登録証)、CPF、パスポート等コピー。家族等、直接連絡のできる人の名前、親族関係、CPF、住所、電話番号、メールなどの連絡先。現住所及び郵便送付先が確認できる書類。また、戸籍謄本もしくは全部(個人)事項証明書、パスポート、また、氏名を漢字で書いた書類等のコピーを添付すること。

image_print

こちらの記事もどうぞ