ホーム | 食・音楽 | 音楽 | 2017ブラジル音楽白書・後=現在のブラジル人気1位アーティストはマリリア・メンドンサ=「女性の本音」を描く、22歳の「カントリー版アデル」

2017ブラジル音楽白書・後=現在のブラジル人気1位アーティストはマリリア・メンドンサ=「女性の本音」を描く、22歳の「カントリー版アデル」

15日付フォーリャ紙で報道されたマリリア・メンドンサ

15日付フォーリャ紙で報道されたマリリア・メンドンサ

 国際レコード産業連盟(IFPI)ブラジル支社が行った、ブラジル人の音楽視聴の実態調査。2回目の今回は、「今日のブラジルで最も聴かれているアーティストは誰か?」に迫ってみよう。

 IFPIは2014年9月以降、約3年間の対象期間のうちにどのアーティストがブラジルで最も聴かれたかを調査したが、1位に輝いたのは、昨年デビューした、「ブラジル版カントリー」ことセルタネージャの22歳の女性歌手マリリア・メンドンサで、視聴(再生)回数は実に41億回に及んだ。この数は、ブラジルでも非常に人気の高い国際的なアイドル、ジャスティン・ビーバーがブラジルで同時期に記録した12億5千回の3倍以上の数字だ。
 セルタネージャは圧倒的に強いジャンルで、上位10のアーティストのうち、半分の5アーティストを独占した。リオ五輪の開幕式のパフォーマンスで有名になったアニッタは、テレビや雑誌ではそれらセルタネージャのアーティスト以上であるにもかかわらず11位。いかにこの音楽の人気がブラジルで高いかが伺われる。
 このセルタネージャ人気の秘訣は、「新しい流行を取り入れるのが他のジャンルより巧い」ことと指摘する声が多い。ひと昔前のセルタネージャは、「男性デュオが歌うもの」というのが半ば決まりの男くさい世界だった。ところが2010年前後あたりからルアン・サンターナを筆頭とするアイドルのセルタネージャ歌手が現れた。サウンドもそのあたりから英米のロック、ポップスからの影響が強まっており、若いファンに広がる要因になった。
 さらに数年前から、パウラ・フェルナンデス、マイアラ&マライーザといった人気女性アーティストが出てきたが、女性のみならず、セルタネージャ、そしてブラジル音楽界の頂点に立ったのがマリリアだ。
 22歳のマリリアは、大きな身体でパワフルな歌声を聞かせる。なんとなく、現在、世界の音楽マーケットで最も売れるイギリスの女性歌手、アデルを思い出させるが、歌っている世界観も近いのが特徴だ。
 もともとマリリアは歌手ではなく、作詞・作曲を行う裏方としてセルタネージャ界に入り、今回の調査で2位に入った男性デュオ、エンリケ&ジュリアーノやマリリア&マライーザなどに曲を書いていたが、彼女にも歌手としてのデビューの話が巡ってきた。それはまだ2014年と最近のことだ。
 マリリアのマネージメントは当初、彼女にパウラ・フェルナンデスのような、ロマンティックな恋の歌を歌うよう求めたが、彼女はそれを拒否した。マリリアいわく、彼女自身が求めたのは「リアリティ」であり、そこでは「酒びたりのだらしない男性」や「交際相手の男性からの浮気」といった題材が選ばれた。すると、彼女の歌に共感を示す女性たちが多く現れ、彼女はそのうち「ライーニャ・ド・ソフリメント(苦しみの女王)」の名を頂戴するようにもなっていた。
 偶然にも、アデルの人気が2010年代の前半に急速に高まったのも、「失恋ソングの女王」としての評判が高まったためだ。世の女性の共感ポイントには普遍性と同時代性があり、そこに両者が共にうまくはまってしまった、ということか。
 さらにマリリアは、自分の歌に、ブラジル北東部の人たちが熱心に反応していることに気がつき、公演活動はそこに力をおいて行なった。セルタネージャの本場はあくまで彼女の故郷でもある中西部のゴイアス州であり、北東部はセルタネージャのなじみは薄かったため、プロモーションとしては変り種ではあったが、これが功を奏した。彼女の人気は北東部で熱狂的に広がり、それがやがて全国区にまで広がったのだった。
 15年に北東部パラー州で録画した彼女初のDVDライブ盤には客が15人しかいなかった。だが、1年後、次のDVDは北部アマゾナス州マナウスでの4万人の大観衆を前にしたものへと変わっていた。
 マリリアは「他の女性を励ましたかった」と言い、自分の成功の理由を「フェミニズム」としているが、彼女はそれを、「私のフェミニズムは理論や反抗とかで形作られたものじゃない。私は自分の生き様をぶつけ、〃自分らしさ〃や〃自分がつかんできたもの〃を表現しているの。私自身がフェミニズムなのよ」という。(15日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルの音楽賞=ムウチショウ賞の受賞結果=2016年の顔はセーウ2016年10月28日 ブラジルの音楽賞=ムウチショウ賞の受賞結果=2016年の顔はセーウ  現在のブラジルにおいて徐々に影響力を持ちつつある音楽賞、ムウチショウ賞(プレミオ・ムウチショウ)の授賞式が25日にリオで行われ、女性シンガーソングライターのセーウが最多の4部門を受賞した。  ブラジルのテレビ大手、グローボ局のエンターテイメント系チャンネルとしてスタートした […]
  • 〝伯流〟は世界に広まるか=ブラジル大衆文化の輸出2012年1月1日 〝伯流〟は世界に広まるか=ブラジル大衆文化の輸出 新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け […]
  • 東西南北2020年4月10日 東西南北  8日の夜のボウソナロ大統領の政見放送は、外出自粛令を止める呼びかけと、世界でもまだ試験段階の薬品の処方を勧めるもの、という物議を醸す内容だったが、世間へのインパクトはそこまで大きくなく、ツイッターでの話題にもあまり上がらなかった。大統領支持派の人は「ボウソナロにノーベル賞」な […]
  • 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史2020年2月21日 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史  「韓国のカルチャーが世界的に熱い」。それはだいぶ以前から言われていたことだが、その印象は9日、アカデミー賞で同国の映画「パラサイト」が、史上初の「英語以外での外国映画で初の作品賞」という快挙を成し遂げて以降、さらに強くなっている。  思い返せばそれだけではない。今や […]
  • (ブラジル音楽界)セルタネージャ業界がボウソナロ大統領を訪問 コンサート半額制の廃止訴え2020年1月31日 (ブラジル音楽界)セルタネージャ業界がボウソナロ大統領を訪問 コンサート半額制の廃止訴え  29日、「ブラジルのカントリー」として、国内一の音楽市場でのシェアを誇るセルタネージャのアーティストたちが、ボウソナロ大統領に会いに大統領府を訪れた。一団は、ブラジルのコンサートでは一般的となっている、入場料半額制をなくすことを訴え、物議をかもしている。  アーティストたち […]