ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格

《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格

 26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。
 プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の外出禁止と定めたが、その2日後にさらに外出自粛規制を強化した。
 新しい規制では大サンパウロ市都市圏、カンピーナス、レジストロ、ソロカバの4地区を、下から3番目の黄レベルから2番目のオレンジ・レベルに下げた。
 大サンパウロ市都市圏では既に、ABC地区の集中治療室の占有率が急上昇と報じられていた。これらの地域では独自に、より強い規制措置を採用している。

 オレンジ・レベルでは、商業の営業時間が黄レベルでの12時間から10時間に短縮される。また、バーは営業停止となり、レストランも酒類の販売を20時までに規制とされる。
 今回の査定により、黄レベルはアラサトゥーバ、ピラシカーバ、サントス海岸部のみとなり、オレンジ地区が8地区に増えた。
 また、リベイロン・プレットとマリリアの2地区が赤レベルに降格。変異株による感染が確認され、ロックダウンを行っているアララクアラなど、赤レベルが6地区に増えている。
 赤レベルでは必要最低限のもの(食料品や薬品類、ガソリンなど)以外を扱う店などの活動ができなくなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 友好病院「酸素や薬足りない」=援協医療現場が切迫状態に=会員50人増で滑り出し好調2021年4月17日 友好病院「酸素や薬足りない」=援協医療現場が切迫状態に=会員50人増で滑り出し好調  サンパウロ日伯援護協会(税田パウロ清七会長)は3月25日(木)に3月定例役員会を援護協会ビル5階とオンライン会議システムによる混合で開催した。事務局報告では、日伯友好病院やサンミゲルアルカンジョ(SMA)病院でも薬や酸素が足りず切迫した状態になっていると前園事務局長が […]
  • 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も2021年4月15日 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も  貧困層が主に就業する掃除婦をしながら、娘の学費を稼いで大学を卒業させた母への感謝の気持ちから、母がいつも使っているユニフォームを着て大学卒業式に出席した女子学生が話題になり、大学から奨学金を受け取って大学院に進む事になった。  「ベッカ」と呼ばれる卒業式用の衣装を着 […]
  • 東西南北2021年4月15日 東西南北  コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ […]