ホーム | 日系社会ニュース | 福岡県人会=太鼓普及から15周年=関係者の尽力に感謝

福岡県人会=太鼓普及から15周年=関係者の尽力に感謝

関係者への謝意を述べる平山会長

関係者への謝意を述べる平山会長

 ブラジル福岡県人会(平山イナシオ秀夫会長)は17日に聖市リベルダーデ区の東洋会館で、母県より和太鼓が寄贈されて15周年であることを祝して式典を開催した。会場には各地の太鼓チームや普及に貢献した人など約100人が集まった。15年前に寄贈された長胴太鼓6個と締太鼓2個の計8個は、各地のチームで使用され、当地での和太鼓普及に大きな役割を果たした。
 和太鼓人口は数千人とも言われるが、その歴史はコロニアに根付く他の日本芸能と比べて浅い。普及のきっかけとなったのは1998年、矢野ペードロ元会長が来伯した福岡県交流国際センターの藤本英夫専務理事に和太鼓提供を指導者招聘を申し出たことだった。
 2002年3月に「ブラジルに和太鼓を贈る福岡県有志の会」が太鼓を寄贈し、同年7月にJICAから初の太鼓指導員、小田幸久さんが派遣された。04年にブラジル太鼓協会が設立されから、組織だって太鼓普及に取り組み始めた。
 寄贈された太鼓はこれまでに聖州、パラナ州で使われていたが、皮がダメージを受け、音が変わってしまっていた。15周年に際し、和太鼓が福岡県人会に返還され、長胴太鼓6個の修理が行われた。
 式典では太鼓普及における功労者29人に金のプレートが贈呈された。平山会長は「短期間で当地で太鼓が普及したのは、日伯両方の関係者の尽力があったからこそ」と謝意を滲ませた。
 福岡県人会は現在、自らの太鼓チームを持っていない。平山会長は「なんとかチームを復活させて、来年の移民110周年のイベントで演奏したい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う2018年8月16日 グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う  グァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は「グァタパラ移住地入植56周年祭」を7月14、15両日に同文協敷地内で開催した。初日はモンブカ墓地の「拓魂碑」前で先没者慰霊式を行い、参列者が献花と焼香を行い先人を弔った。  モンブカ墓地で行われた先没者慰霊式は14日の午 […]
  • 沖縄移民110周年=国内外から700人、式典盛大に=島袋会長「心の遺産の継承を」=国境越え絆深めるウチナーンチュ2018年8月8日 沖縄移民110周年=国内外から700人、式典盛大に=島袋会長「心の遺産の継承を」=国境越え絆深めるウチナーンチュ  【既報関連】3日間に渡って盛大に催されたブラジル沖縄県人移民110周年記念行事の最終日の5日、式典がジアデマ市のブラジル沖縄文化センターで行われた。母県や国外からの慶祝団をあわせて約700人が出席。沖縄県人325人を乗せた笠戸丸移民から110年の県系人社会の歩みに思い […]
  • 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」2018年8月10日 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」  ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)の約30人は、沖縄移民110周年を記念して来伯した名護市慶祝団11人を迎えて歓迎会と高齢者表彰式を5日晩、聖市内のホテルで開催した。  渡具知武豊市長は「110周年の式典や記念行事を通して、日本語を話さない世代になっても血筋が繋が […]
  • 熟連が盛大に芸能祭開催=稽古重ね、披露して長生き2018年8月3日 熟連が盛大に芸能祭開催=稽古重ね、披露して長生き  ブラジル日系熟年クラブ連合会が主催する第42回芸能祭(中川浩巳実行委員長)が7月29日(日)、聖市の静岡県人会館で行われた。200人以上が出演し、普段顔を合わせない支部員同士が交流を深めるなど、和やかな一日を過ごした。  午前8時半からサンベルナルド松寿会の民謡発表 […]
  • 沖縄移民110周年=熱狂! 総勢2千人の大パレード=若手中心に琉球文化で魅了=「多数の子弟参加に感動!」2018年8月7日 沖縄移民110周年=熱狂! 総勢2千人の大パレード=若手中心に琉球文化で魅了=「多数の子弟参加に感動!」  約190万のブラジル日系社会のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を放つ沖縄県系社会――ブラジル沖縄県人移民110周年を迎え、3、4、5の3日間に渡り、記念祝典が各地で開催された。なかでも4日、ビラ・カロン沖縄県人会支部主催の「第16回おきなわ祭り」では、総 […]