ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》カルドーゾ元大統領=「中道をまとめることが必要」=アウキミン知事に注文=避けたい大統領選二極化=ルーラに対して厳しい見解も

《ブラジル》カルドーゾ元大統領=「中道をまとめることが必要」=アウキミン知事に注文=避けたい大統領選二極化=ルーラに対して厳しい見解も

カルドーゾ元大統領(Wilson Dias/Agência Brasil)

カルドーゾ元大統領(Wilson Dias/Agência Brasil)

 カルドーゾ元大統領(在職1995~2002年)が2日付エスタード紙で10月の大統領選の展望について語る中、同氏所属の民主社会党(PSDB)の有力候補であるジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事に注文をつけると共に、長年のライバルで復活当選を目指すルーラ元大統領(労働者党・PT)についての言及などを行っている。

 カルドーゾ氏は現在のブラジルの状況に関して、経済状態がよくなっているとプラスの評価を下しており、「もし、国にとって信頼できる人を選ぶことができるならば、ブラジルは確実に前進することができるだろう」と肯定的な見方を表明した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ