ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ゴイアス州=5日間で3度目の刑務所暴動=死者や負傷者の発生なく鎮圧

《ブラジル》ゴイアス州=5日間で3度目の刑務所暴動=死者や負傷者の発生なく鎮圧

 【既報関連】1日午後に囚人同士の喧嘩から暴動が発生し、囚人9人が死亡、14人が負傷、脱走者も出た、ブラジル中西部ゴイアス州都ゴイアニア市近郊のアパレシーダ・デ・ゴイアニア市の複合刑務所で5日早朝、1日以降、3度目となる暴動が発生したと、同日付現地サイトが報じた。
 今回の暴動が起きたのは、最初の2回とは異なる、オデニール・ギマランエス収容所(POG)だ。ROGには一切の外出が許されない、レジーメ・フェシャードと呼ばれる禁固刑に服する囚人が収容されている。
 同州保安・刑務所管理局広報部は、軍警の援護を受けた刑務所関連特別作戦部隊(GOPE)が現場に介入し、統制を取り戻したと発表した。
 軍警広報は、「GOPEも軍警も、素早く、力強い対処を行い、暴動を制圧した。死傷者は出ていない。今後、現場検分に入る」と語った。軍警側は機動隊や特別作戦部隊、騎馬隊などが出動。消防隊も動員された。
 1日の暴動は、同じアパレシーダ・デ・ゴイアニア複合刑務所内でも、昼間の外出が認められるセミアベルトの囚人を収監する農工業コロニーで発生。同コロニーでは3日に現場検分が行われ、改正すべき点も指摘されたが、翌日の4日夜、囚人同士の暴動が再発。4日の暴動では死傷者は出ていないが、混乱に乗じて1人が逃走した。
 4日の暴動後、軍警広報は、特殊作戦実行部隊(BOPE)や広域無線警備隊(Grear)、機動隊などを派遣し、暴動を鎮圧後、周辺に警官を配置して、同コロニーを隔離したと発表した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》アパレシーダの聖堂のミサ参加者激減=徒歩で行く巡礼者の数は増える2020年10月14日 《ブラジル》アパレシーダの聖堂のミサ参加者激減=徒歩で行く巡礼者の数は増える  12日、新型コロナの影響下で迎えた、ブラジルの守護神ノッサ・セニョーラ・デ・アパレシーダをたたえる祝日は、聖堂に集まる人の数も激減し、例年とはまるで異なる光景となった。  コロナ禍の中でのミサは、座席同士の間隔をあけた上、バラの花を置いて座っても良い場所を示すという […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 在サンパウロ総領事館=10月休館日のお知らせ2020年10月7日 在サンパウロ総領事館=10月休館日のお知らせ  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は10月12日(月)に「ノッサ・セニョーラ・アパレシーダの日」のため休館する。 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 《ブラジル》コロナ感染で闘病中の老夫婦=5時間違いで連れ添って他界2020年8月28日 《ブラジル》コロナ感染で闘病中の老夫婦=5時間違いで連れ添って他界  ブラジル中西部のゴイアス市に近いアパレシーダ・デ・ゴイアニア市で22日、新型コロナウイルスに感染して入院加療中だった老夫婦が、連れ添うようにわずか5時間差で亡くなった。  ジョゼ・バジリオ・デ・フレイタス氏(83)とクストジア・ラウレアナ・デ・フレイタス氏(79)は […]