ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連警が港湾令疑惑でテメル氏を告発=実娘や親友のリマ氏と共に=サントス港運営企業が贈賄か=最高裁バローゾ判事が判断へ

《ブラジル》連警が港湾令疑惑でテメル氏を告発=実娘や親友のリマ氏と共に=サントス港運営企業が贈賄か=最高裁バローゾ判事が判断へ

テメル大統領(Marcos Corrêa/PR)

テメル大統領(Marcos Corrêa/PR)

 連邦警察は16日、テメル大統領と実娘のマリステラ氏、テメル氏の親友で退役軍人のジョアン・バチスタ・リマ・フィーリョ氏ら11人を、17年5月に出した港湾に関する大統領令にまつわる容疑で告発すると共に、リマ氏ら4人に対する一時逮捕請求を最高裁へ行った。17日付現地紙が報じている。

 告発されたのは、テメル大統領はじめ、マリステラ氏、テメル氏の元側近で昨年5月のJBSショック後は「カバンの男」と呼ばれて話題となったロドリゴ・ロシャ・ロウレス氏、港湾企業ロドリマール社役員のアントニオ・グレコ氏とリカルド・メスキータ氏、リブラ・グループ役員のゴンサロ・トレアウバ氏、ジョアン・バチスタ・リマ・フィーリョ氏とその妻のマリア・リタ・フラテジ氏、アルジェプラン社役員のカルロス・アルベルト・コスタ氏とその息子、アルジェプラン社会計のアウミール・フェレイラ氏の計11人だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ