ホーム | ブラジル国内ニュース | モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場

モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場

 ブラジル国内では9日以降、2014年のラヴァ・ジャット作戦開始以来、「ブラジルの新しいヒーロー」とまで呼ばれていた元同作戦担当判事で現法相のセルジオ・モロ氏の判事時代の実際の姿が情報リークで暴露され、大騒動となっているが、その影響が芸能界にまで及んでいる。
 そのひとつが、15日夜に放送された、グローボ局の人気お笑い番組「ゾーラ・トタル」でのショートコントだった。
 そこでは、モロ氏に扮した俳優が大統領府内で自身のアルバムを回想。そこからがミュージカルとなり、自身の「かつての栄光」を寂しそうに歌いはじめた、
 「私はかつて英雄だった。国外にも呼ばれて英語で講演までやったのだが」と歌うとだんだん悲しげになり、そこに、モロ氏同様、憲法で禁止されている「判事との協力捜査」を行った実情を暴露されたラヴァ・ジャットの主任捜査官、デウタン・ダラグノル氏に扮した俳優が登場。「情報を洩らされたからといって泣くんじゃない」と傍らに寄ってなぐさめた。
 画面ではその後、かつて大統領府前に立てられた、スーパーマンのスーツを着たモロ氏の巨大なインフレータブル人形が、空気を抜かれてしぼみ、地面に落ちる映像が流された。
 また、13日には、人気女性フォーク・デュオ、アナヴィットーリアが、ポルト・アレグレで行われたコンサートで、替え歌でモロ氏を批判した。
 「ジア・エスペシアル(特別の日)」という曲の中に、「人々が愛の世の中で良い人になる夢を見たんだけど、世界の果てで目が覚めた」という歌詞があるが、彼女たちはその後半を「モロの報道で目が覚めた」と歌って話題となった。
 モロ氏は大衆週刊誌などもこぞって絶賛する存在でもあったため、世間での知名度が抜群だったが、今回の報道後は、これらの雑誌も手のひらを返したような厳しい報道を行っている。(16日付レヴィスタ・フォルム・サイト、14日付フォーリャ紙電子版より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル連邦政府、イメージアップ戦略を立案=「ブラジルを愛して」と諸外国に呼びかけ2019年7月19日 ブラジル連邦政府、イメージアップ戦略を立案=「ブラジルを愛して」と諸外国に呼びかけ  議会休会前に下院で社会保障制度改革案の1回目の承認を果たした政府は、国内での愛国主義ムードの盛り上げと、対外的なボウソナロ政権のイメージアップを狙っていると、18日付現地紙が報じた。  大統領府社会通信局(Secom)は9月7日の独立記念日の前後を“ブラジル週間”とし、商業 […]
  • 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で2019年7月17日 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で  10年に1度の国政調査を前に、経費削減のため、地理統計院(IBGE)が今回調査の質問数を26に減らした。ただし、全世帯の約1割を対象とするサンプル調査用の質問票は76の質問があり、より詳細な情報を集める事ができる。  入力端末の使い勝手や質問の要領などを体得する意味も込めた […]
  • 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始2019年7月17日 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始  しつこい勧誘や売り込み電話に悩んでいるブラジル市民に朗報だ。16日からこうした電話を無料でシャットアウトするサービス、「ノン・ミ・ペルトゥルビ(私を邪魔しないでの意)」が始まったと、15、16日付現地サイトが報じている。 希望者は、専用サイトwww.naomeperturb […]
  • 《ブラジル》合計特殊出生率が低下=世界人口デーで国連が発表2019年7月13日 《ブラジル》合計特殊出生率が低下=世界人口デーで国連が発表  世界人口デーの11日、国連人口基金がブラジルでは、黒人女性や貧困女性の合計特殊出生率が大きく低下していると発表した。  合計特殊出生率とは、人口統計上の指標で、1人の女性が15歳から49歳までの間に生む子供の数の平均を示す。  人口基金の発表によると、ブラジルの場合、生活 […]
  • サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去2019年7月16日 サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去  ジョアン・ドリア、サンパウロ州知事は12日、サンパウロ市西部を流れるピニェイロス川の浄化計画を発表した。13日付現地紙が報じた。  同知事は、2022年までに、徹底したピニェイロス川浄化作戦を実施すると選挙中に公約していた。  具体的な内容は、今後12カ月以内に7050万 […]