ホーム | ブラジル国内ニュース | モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場

モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場

 ブラジル国内では9日以降、2014年のラヴァ・ジャット作戦開始以来、「ブラジルの新しいヒーロー」とまで呼ばれていた元同作戦担当判事で現法相のセルジオ・モロ氏の判事時代の実際の姿が情報リークで暴露され、大騒動となっているが、その影響が芸能界にまで及んでいる。
 そのひとつが、15日夜に放送された、グローボ局の人気お笑い番組「ゾーラ・トタル」でのショートコントだった。
 そこでは、モロ氏に扮した俳優が大統領府内で自身のアルバムを回想。そこからがミュージカルとなり、自身の「かつての栄光」を寂しそうに歌いはじめた、
 「私はかつて英雄だった。国外にも呼ばれて英語で講演までやったのだが」と歌うとだんだん悲しげになり、そこに、モロ氏同様、憲法で禁止されている「判事との協力捜査」を行った実情を暴露されたラヴァ・ジャットの主任捜査官、デウタン・ダラグノル氏に扮した俳優が登場。「情報を洩らされたからといって泣くんじゃない」と傍らに寄ってなぐさめた。
 画面ではその後、かつて大統領府前に立てられた、スーパーマンのスーツを着たモロ氏の巨大なインフレータブル人形が、空気を抜かれてしぼみ、地面に落ちる映像が流された。
 また、13日には、人気女性フォーク・デュオ、アナヴィットーリアが、ポルト・アレグレで行われたコンサートで、替え歌でモロ氏を批判した。
 「ジア・エスペシアル(特別の日)」という曲の中に、「人々が愛の世の中で良い人になる夢を見たんだけど、世界の果てで目が覚めた」という歌詞があるが、彼女たちはその後半を「モロの報道で目が覚めた」と歌って話題となった。
 モロ氏は大衆週刊誌などもこぞって絶賛する存在でもあったため、世間での知名度が抜群だったが、今回の報道後は、これらの雑誌も手のひらを返したような厳しい報道を行っている。(16日付レヴィスタ・フォルム・サイト、14日付フォーリャ紙電子版より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大手メディア利用者ほどフェイクニュース信じず=3大学の共同調査で明らかに2021年1月12日 《ブラジル》大手メディア利用者ほどフェイクニュース信じず=3大学の共同調査で明らかに  伝統的な報道メディアの情報を収集している人の方が、フェイクニュースに引っかかりにくいことが、国内外の大学の共同調査によって明らかになった。11日付フォーリャ紙が報じている。  これは米国のシャーロット大学、ブラジルのミナス・ジェライス州連邦大学、ペルナンブッコ州連邦大学が共 […]
  • 《記者コラム》メッキが剥げた?「救世主」モロ2020年12月11日 《記者コラム》メッキが剥げた?「救世主」モロ  「これで22年の大統領選はかなり微妙だな」。最近、そんな風に確信した。セルジオ・モロ氏のことだ。  モロ氏といえば、伯国最大の汚職捜査「ラヴァ・ジャット作戦」の担当判事として、一時期まではボルソナロ大統領を上回る勢いで国民の人気と尊敬を集めていた。「22年の大統領選 […]
  • ≪ブラジル≫ゲデス経済相が辞任局長2人を「脱走」扱い=主要スタッフが計7人離脱=「次は本人か」との声まで2020年8月13日 ≪ブラジル≫ゲデス経済相が辞任局長2人を「脱走」扱い=主要スタッフが計7人離脱=「次は本人か」との声まで  パウロ・ゲデス経済相は11日、目玉部局の局長2人から辞表提出が行われたことを公表した。業務進行の遅れ具合に不満を表明して辞任したのは、民営化局長のサリム・マッタル氏と、手続簡素化・デジタル化局のパウロ・ウェベル氏の2人だ。12日付現地紙が報じている。  ロドリゴ・マ […]
  • 《ブラジル》フェイスブック社が大統領派アカウント大量削除=三男やPSL関係者を中心に=「嫌悪部隊」の存在を証明?2020年7月10日 《ブラジル》フェイスブック社が大統領派アカウント大量削除=三男やPSL関係者を中心に=「嫌悪部隊」の存在を証明?  フェイスブック社は8日、ボルソナロ大統領、大統領三男のエドゥアルド下議、大統領が昨年11月まで在籍した社会自由党(PSL)に関連した73のアカウント、14のページを削除した。「規定に反した」がその理由だが、5月以来、ブラジルでのフェイクニュース(虚報)対策が厳しくなっ […]
  • 東西南北2020年5月8日 東西南北  4月22日に行われたボルソナロ大統領とセルジオ・モロ前法相らの会合を録画したビデオ提出を最高裁のセウソ・デ・メロ判事が命じたが、連邦総弁護庁は難色を示して、5日に同判事に判断再考を促した。連邦政府は「国家機密レベルの内容が含まれているから」というが、会合に同席した軍人閣僚3人 […]