ホーム | 日系社会ニュース | 世界1周目指す山澤卓也さん=日系人宅で食べたカレーに感激

世界1周目指す山澤卓也さん=日系人宅で食べたカレーに感激

来社した山澤卓也さん

 昨年10月に世界一周を始めた山澤卓也さん(21、東京出身)が10日、本紙編集部を訪れた。10月下旬に日本を発ち、メキシコ・コロンビア・ペルー・ボリビア・チリ・アルゼンチンと旅行し、南米大陸のゴールとしてブラジルに到着したという。
 サンパウロ市のジャパンハウスで偶然出会ったUSP教授の鈴木妙さんと意気投合してお宅に泊めてもらっており、「カレーが出たときうるっときました。久しぶりに食べた日本的な味付けのカレーに感激した」という。
 サンパウロ市に到るまでの道のりだけでも「楽なものではなかった」そう。特にペルーのクスコからボリヴィアのラパスまでの間に様々な事件に襲われた。
 クスコでは野犬に噛まれて病院に行き、ラパス行きの最終バスに乗ったが、トイレ休憩の時に取り残されてしまったという。現地警察が囚人護送車で目的地のラパスまで送ってくれたという。「これ1日で起こったことなんです」と苦笑しながら振り返る。
 ほかにも大変な目にあいながらも道中で見た遺跡や街、建築物など目を輝かせて熱心に語った。
 実は山澤さんは早稲田大学創造理学部建築科の現役3年生。将来は建築家を目指しており、「建築家を目指す者として知見を広げたくて」と旅の動機を笑顔で答えた。
 ただし、取材直後にコロナ危機が始まったため、国境を超えるのが突然難しくなった。そのため「20日頃にいったん日本に帰る」と17日に連絡があった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]
  • 《ブラジル株式市場》ブラジル人参加率が過半数に=14年の統計開始以来初めて=ブラジル株から逃げる外国人投資家2020年2月5日 《ブラジル株式市場》ブラジル人参加率が過半数に=14年の統計開始以来初めて=ブラジル株から逃げる外国人投資家  2014年以降、ブラジル証券取引所(B3・サンパウロ市)は毎年末、ブラジル株式市場におけるブラジル人投資家の参加比率と、外国人投資家の参加比率を算出している。  14年から18年までは常に、外国人投資家の参加比率が50%を超えていたが、19年は初めてブラジル人投資家 […]
  • 福岡県人会=母県から7月式典の準備で来伯=コロナ危機で急きょ中止に2020年3月31日 福岡県人会=母県から7月式典の準備で来伯=コロナ危機で急きょ中止に  今年7月19日に県人会創立90周年及び県人移住110周年式典を開催する、ブラジル福岡県人会(南アゴスチンニョ俊男会長)の準備のために、公益財団法人福岡県国際交流センターの福島明彦専務理事と加藤奈美企画交流部主任が来伯し、3月9日に来社した。その後、同式典はコロナウイル […]
  • 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる2020年3月14日 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる  ペルナンブコ州保健局が13日、12日にレシフェ港に着いたクルーズ船の乗客が新型コロナウイルス感染症らしき症状を呈したため、乗客乗員計609人が船ごと隔離状態に置かれたと発表したと13日付現地紙、サイトが報じた。  件の乗客は78歳のカナダ人男性で、心筋梗塞の可能性が […]