ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 週末からサンパウロ州で降り続いていた雨は9日になってようやく去ったが、今回はかなり強く降ったため、被害の報告も相次いでいる。7日にはサンパウロ州ミラカトゥのレジス・ビッテンコート道402キロ付近で土砂崩れが起きて道が塞がれ、一時不通となった。8日にはサンパウロ市セントロのパライゾで、道を歩いていた女性が倒木に直撃され、病院へ運ばれた他、カンポス・ド・ジョルダンでは地滑りも起きた。予報だと、今週は先週末ほど降らないものの、天候は不安定で、週末までは連日で10ミリ前後の雨が降るとされている。そういえばサンパウロ州では、今年に入り、まだすっきりとした青空の日がないような。
     ◎
 6日、サンパウロ市西部ジャグアレーで、武装した2人組が69歳の男性の自宅に侵入、男性の両足をナイフで刺した上、寝室二つと車庫のバイクに放火する事件が起きた。男性は顔と腕にやけども負ったが、救出され、病院に運ばれた。火事は消防が消し止めたが、被害は車庫全体と門にも広がったという。男性は1人で家にいたが、玄関先で手を叩く音が聞こえたので確認に行くと2人組がそこにおり、家の中に侵入。バイクの鍵を渡すのを拒んだために襲われたという。犯人は逃走中だ。
     ◎
 サンパウロ市西部のヴィラ・ソニアでは、25日の市制記念日に無料の動物病院が開業となる。既に東部タトゥアペーや南部トゥクルヴィにも同様の病院があり、市ではこれが三つ目となるが、今回できるものは市や州が絡んでおらず、全国小動物獣医協会が独自に運営するものだという。ペットを診てもらいたい人は試してみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に2019年1月29日 サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に  26日、サンパウロ市西部ピリトゥーバのバンデイランテス高速道で、バスが28人のサイクリング集団をはね、28日までに3人が死亡する事故が起きた。27日付現地紙が報じている。  事故は26日午前10時30分頃、バンデイランテス高速道がマルジナル・チエテやマルジナル・ピニェイロス […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]