ホーム | ブラジル国内ニュース | 黄熱病=サンパウロ大都市圏の死者6人に=3州で予防接種キャンペーン

黄熱病=サンパウロ大都市圏の死者6人に=3州で予防接種キャンペーン

 サンパウロ州保健局が9日、州内での黄熱病による死者は、サンパウロ大都市圏の3人を含む13人に増えたと発表したが、同日付伯字紙サイトはその後、同大都市圏だけで死者が3人増えたと報じた。
 州保健局の発表では、昨年7月以降、黄熱病感染が確認された患者は29人で、13人が死亡。全員が、ヤブカが媒介する農村型の患者である事が確認されている。大半はマイリポランやナザレ・パウリスタで感染したと見られている。
 一方、州保健局の統計には入っていないが、9日にサンパウロ大都市圏の黄熱病による死者に加えられたのは、アチバイア市役所が発表した、22歳と89歳の男性2人と、サンパウロ市リベルダーデ区の病院で入院加療中だった48歳の男性の計3人だ。
 アチバイア市で死亡した22歳の男性は同市のポルタン地区で山歩きをしたといい、89歳の男性は同地区在住者だ。
 サンパウロ市で亡くなった男性は、同市北部のセーラ・ダ・カンタレイラに住む兄弟の家でナタルを過ごし、4日後に発症。3日に黄熱病と確認され、5日に入院したが、病状が悪化し、亡くなった。
 また、9日には、サンパウロ州ジュンジアイ地方のジャリヌ市保健局が、同市在住で、12月31日に死亡した54歳の男性が黄熱病に感染していた事が確認されたと発表した。同地方では昨年10月にも76歳の男性が死亡。翌月には別の感染者も出ている。
 サンパウロ州保健局は既に全州での予防接種実施を決めているが、保健省は9日、サンパウロ州とリオ州、バイア州の3州で、2月3~24日に予防接種キャンペーンを実施すると発表した。同キャンペーンでは、サンパウロ州内52市など、感染の危険度が低いとされる75市で、1人分のワクチンを4~5人に分割接種する措置を講ずる。75市の接種対象者は1970万人で、9カ月以上2歳未満の子供や妊婦、外国旅行予定者、特別な病気を抱えた患者など、1500万人には通常のワクチン、470万人には分割ワクチンを接種する。分割ワクチンの効き目は8年間とされ、将来、再接種が必要となる。
 なお、9日には、ミナス・ジェライス州でも、ベロ・オリゾンテ市近郊のノヴァ・リマ市保健局が、6日に同市で死亡した46歳のサンパウロ市在住者が黄熱病に感染していたと発表。カルモ・ダ・マッタ市役所も、2日に死亡した39歳の男性の黄熱病感染が確認されたと発表した。同州では既に90%の住民が予防接種を済ませており、キャンペーンは行われない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年1月13日 東西南北  ルーラ元大統領は11日、バイア州サルバドールで行われた土地なし労働者運動(MST)主催の集会に参加し、集まった群衆に、大統領選挙に再出馬の意向を示した。しかも、「テメル(大統領)でも、セーラ(外首相)でも、セルジオ・モロ(判事)でも、連警の警部でも構わない。誰が出てきても受け […]
  • ニッケイ俳壇(865)=星野瞳 選2015年11月27日 ニッケイ俳壇(865)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 白き月浮べ広野は草の春 鳴きそろう夜蝉に今宵の月遅し 白蝶の黄色い卵貝割菜 牧の沼に映りて今朝のイペーの白 菜飯焚き二人の生活始めけり […]
  • 東西南北2018年10月11日 東西南北  7日の大統領選一次投票後、ジャイール・ボルソナロ氏の支持者による暴力犯罪が多発している。9日付本面では、バイア州でハダジ氏支持のカポエラ師がボルソナロ支持者に刺殺されたことを伝えたが、8日にはリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで、ボルソナロ氏に反対する女性の運動「エレ […]
  • 総人口2億850万人に=最大の市サンパウロは1217万人2018年8月30日 総人口2億850万人に=最大の市サンパウロは1217万人  地理統計院(IBGE)が29日、7月1日現在のブラジルの総人口は2億849万4900人と発表したと同日付現地紙サイトが報じた。昨年の総人口は2億766万929人だったから、83万人強増えた事になる。1億7230万人だった2001年と比べると、21%増えている。  市単位での […]
  • 大耳小耳2018年1月17日 大耳小耳  バイア州サルバドールで14日、サンパウロ州タボアン・ダ・セーラ在住の男性が黄熱病で死亡していたことがわかった。この49歳の男性は年明けから故郷バイア州イタベラーバで休暇を過ごしていたが、5日から体調を崩して9日まで同市の医療施設に入院したあと、サルバドールの病院に移って治療を […]