ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州マイリポラン市=黄熱病のせいで結婚式延期=招待客の罹患を防ぐため

サンパウロ州マイリポラン市=黄熱病のせいで結婚式延期=招待客の罹患を防ぐため

 サンパウロ市に隣接するマイリポラン市は、山と緑の木々に囲まれた農園も多く、観光客や結婚式を行う人々が引きもきらない。
 サンパウロ市北部トレメンベ区に住むジリアルド・ドミンゲスさん(29)とブルーナ・ヴァーレさん(24)も、交際し始めたのと同じ4月に、マイリポラン市で結婚式を挙げることにしていた。
 ところが、同市では、昨年の12月13日から1月11日までの間に、黄熱病の疑いのある患者が33人発生しており、その内の11人が死亡。17人は今も入院中だ。
 今年に入ってからは、マイリポラン市で年末年始を過ごしたりした人が黄熱病に感染し、死亡したとの報道も続いている。
 これらの報道を受け、ジリアルドさんとブルーナさんは、4月に予定していた結婚式を、今年の後半に延期する事を決めた。ジリアルドさん達が住むサンパウロ北部は、昨年10月から黄熱病の予防接種キャンペーンが始まり、二人も既に接種を受けているが、150人に及ぶ招待客全員が予防接種を受けられないままで式に参加し、黄熱病に感染するような事が起きてはならないと考えたからだ。
 式の内容などを考え、準備を進めていた二人にとりマイリポラン市での黄熱病患者急増は、背中に冷や水を浴びせるような出来事だったが、山や緑に囲まれた場所での式をあきらめるより、式を延期するほうが良いと考えた上での決断だ。ブルーナさんは今、新たな日取り設定のために、食事や装飾などを担当する会社と連絡を取り合っている。
 なお、黄熱病の予防接種は、効果が得られるまでに10~15日かかるので、観光その他で黄熱病への感染が予想される地域に出かける人は、日程に余裕を持って予防接種を受けた方が良い。
 また、サンパウロ、リオデジャネイロ、バイアの3州では、1人分のワクチンを4~5人分に分けたワクチンの使用も計画されているが、外国旅行のために黄熱病の予防接種を受ける人は、その旨を伝え、通常のワクチンの接種を受けないと、予防接種を受けたという証明書を出してもらえないので、要注意だ。(12日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」2020年10月7日 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」  国立気象観測所(Inmet)は6日、ブラジルでは猛暑のため、「熱中症で亡くなる人が出る可能性がある」と警鐘を鳴らした。6日付現地サイトが報じている。  9月30日、10月1日の2日連続で観測史上2位の37・1度を記録したサンパウロ市を始め、春先なのに全国的に記録的な暑さが続 […]
  • 《ブラジル》農産物の生産額で新記録=19年は3610億レアル2020年10月2日 《ブラジル》農産物の生産額で新記録=19年は3610億レアル  地理統計院(IBGE)が1日、昨年の穀物やマメ科食物、油糧種子の生産量は前年比で6・8%増の2億4330万トン、生産額は5・1%増の3610億レアルで新記録を更新したと発表したと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  注目されるのは、昨年の収量が前年比で22・8%増の1億 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]