fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本の伝統工芸品を紹介する展覧会『ブラジルの家における工芸美術(Arte Kouguei na casa brasileira)』が、19日から来月2日までサンパウロ市ベラ・ビスタ区のデコ・ギャラリー(Rua dos Franceses, 153)で開催される。入場無料。月から金曜までは午前10時から午後6時、土日は午前11時から午後6時まで。まだ認知されていない日本文化を紹介するために同展は開催される。大館曲げわっぱ、川連漆器、江戸切子、甲州水晶貴石細工、高岡銅器、美濃和紙、美濃焼、豊岡桐生細工、熊本畳おもて、本場奄美大島紬など11の伝統工芸品が紹介される。13年にユネスコの無形文化遺産として和紙が登録され、世界的にも注目されつつある。通常の紙は紫外線により経年で黄ばみが生じる一方、和紙は白さを少しずつ増してゆくという特徴もあるのだとか。知られざる伝統工芸の魅力を再発見しに訪れてみては?
     ◎
 日本では、2019年の「ラグビーワールドカップ」、2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」、そして2021年の「関西ワールドマスターズゲームズ」と、3年間連続で国際的なスポーツイベントを控えている。この期間は「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と呼ばれ、外国人観光客誘致で地域経済の活性化につながると期待されている。また、その準備として、外国語の案内を増やすなど公共施設の整備が進んでいる。この期間に訪日すれば、日本の国際化を肌で感じられるかも。ただし、残念ながらポ語の案内はないかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価2020年3月27日 サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価  新型コロナウイルスの感染拡大で前倒しされたインフルエンザの予防接種が23日から行われているが、外出自粛令発令中のサンパウロ州では、サンパウロ大都市圏だけで少なくとも14の自治体がドライブスルーでの対応を行い、好評を得ていると26日付現地紙などが報じている。   23日からの […]
  • 大耳小耳2013年11月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年11月26日  県人会の60周年記念式典に過去最高となる50人規模の慶祝団訪伯を見込む和歌山県。55周年時の27人から大幅に増えた要因を山田啓之主査に尋ねると、「県中南米交流協会」という団体の貢献が大きいとのこと。過去に南米への移住を検討した経験のある人 […]
  • 東西南北2008年4月2日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年4月2日付け […]
  • 道のない道=村上尚子=(34)2016年11月15日 道のない道=村上尚子=(34)  畑全体は出来なかったが、大半はやっつけた。考えてみると、生きた葉に毒をかけても、まだ水分は根元から上がっているので、枯れることはない。  私のやり方なら、もっと勝負は早いと思った。とにかく、この年のトマトは、弟宅と、私の家の二軒がこの地域では、収穫できた。今考えてみれば、一 […]
  • 心の通う交流を=佐賀県から青年5人来伯2004年8月21日 心の通う交流を=佐賀県から青年5人来伯 8月21日(土)  佐賀県から十九日、「国際青年交流団」が来伯した。古川朋子さん(34)、永田浩史さん(25)、石井寿子さん(27)、平岩佳名子さん(20)、原口明子さん(26)の五人。 […]