ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨日付本欄で報じた、サンパウロ市市内における29日から予防接種が可能な地域は以下の通り。まず、北部は全ての地域が対象。続いて西部はラポーゾ・タヴァレスのみで、南部はカッポン・レドンド、ジャルジン・アンジェラ、パレリェイロス、マルシラックなど。西部、南部はいずれも、感染の疑われる大サンパウロ市圏の他の市と隣接しているところだ。今回、対象にならなかったことで「自分たちの地域はまだなのか」と不安に思われる人もいるだろう。だが、「予防接種を受ける必要がないくらいにまだ安全」との考え方もできる。落ち着いて事態の推移を見守るのが一番だ。
     ◎
 連邦直轄区の刑法裁判所は17日、ブラジリアのパプーダ刑務所で服役中のパウロ・マルフ元サンパウロ市市長に対して自宅軟禁を認めず、引き続き刑務所で受刑するよう命じた。マルフ氏は86歳と高齢で、ひとりで歩くのが困難なほど健康状態が悪化していることから、自宅での受刑を求めたが許されなかった。もっとも、20年ほども「汚職といえば×××」と言われ続けながら、見事に逃れてきたせいか、同情論はあまり聞こえない。
     ◎
 一昨日に行われたサッカーのサンパウロ州選手権開幕戦で、早速波乱が起きた。昨年優勝のコリンチャンスは昨年決勝で対戦したポンテ・プレッタにレギュラー陣で臨んだがホームで0―1の敗戦。控え選手で対サンベント戦に臨んだサンパウロも良いところなく0―2で敗れた。まだグループ・リーグは11試合残ってはいるが、両チームにとっては苦いスタートとなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月3日 東西南北  日本では新元号「令和」がはじまった5月1日は、労働者が毎年、権利要求などを行う「メーデー」でもあり、今年も各地で労働組合による集会が行われた。サンパウロ市のものはセントロのアニャンガバウーで行われ、約20万人ほどが集まった。集会の焦点は、予想された通り、ボルソナロ政権が行おう […]
  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボルソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボルソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2018年4月12日 東西南北  ルーラ元大統領の逮捕と受刑開始は、しばらく尾を引きそうだが、「明日はわが身」と戦々恐々の日々を送っているのが、労働者党(PT)の政敵の民主社会党(PSDB)の政治家だ。14年の大統領候補だったアエシオ・ネーヴェス上議は来週17日に被告になるか、ならないかの最高裁審理が控えてい […]
  • セレソン=最後の親善試合に25人召集=W杯の切符は誰の手に?2018年3月13日 セレソン=最後の親善試合に25人召集=W杯の切符は誰の手に?  12日、サッカーのブラジル代表(セレソン)のチッチ監督が、3月下旬にロシアとドイツを相手に行われる親善試合のメンバーを発表した。W杯前最後の調整となる試合では、一部、意外なメンバーを発表し、話題を呼んだ。 […]