ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 24日のルーラ元大統領の2審目有罪は国際的にも大ニュースとなった。ただ、報じ方のニュアンスで多少違いが出ている。米国紙は概ね、「政治生命の終わり」や大統領選出馬の危機といった報道が目立っているが、南米やスペインの新聞などでは、今後の控訴の可能性や中南米における左翼の動揺などについての報道が目立っていた。ブラジルでの報道に対しての情報差と距離感が出ている気も。今回の結果を受け、政敵・民主社会党の大統領候補ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事は、結果に表情を変えることなく、「対立候補への反対キャンペーンはしないよ」と冷静さを保っていた。
     ◎
 今回の判決結果でルーラ氏支持者が暴動でも起こさないか、と心配された25日のサンパウロ市市政記念日だったが、特に行事が荒らされた話はなかった。ヴァーレ・ド・アニャンガバウーでの記念コンサートも無事に開催された。もっとも今回の裁判の場合、「これですぐに大統領選出馬が断念となるわけではない」ということが知れ渡っていたからなのか、メディアよりも国民の方が冷静だった観も。怖いのはむしろこれからか。
     ◎
 サッカーのサンパウロ州選手権は、週2試合の速いペースで試合が行なわれているため、今週末で早くも第4節。本日は早くもパカエンブーでコリンチャンス対サンパウロという、今年最初のクラシコが行なわれる。オフ明けで、まだ佳境に入らないうちは選手だけでなくファンも今一つ盛り上がりにくいかもしれないが、どうなるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2018年4月12日 東西南北  ルーラ元大統領の逮捕と受刑開始は、しばらく尾を引きそうだが、「明日はわが身」と戦々恐々の日々を送っているのが、労働者党(PT)の政敵の民主社会党(PSDB)の政治家だ。14年の大統領候補だったアエシオ・ネーヴェス上議は来週17日に被告になるか、ならないかの最高裁審理が控えてい […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2018年9月4日 東西南北  1日から本格的に大統領選の政見放送がはじまり、世間の注目を集めはじめた。強烈なインパクトを残したのは、結局、ルーラ氏を使った放送が出てしまった労働者党(PT)のものだが、いざ放送がはじまってしまうとやはり、持ち時間で印象がだいぶ違う。時間が長いアウキミン氏やメイレレス氏はやは […]
  • 東西南北2018年8月17日 東西南北  7月開通との話が8月になり、月半ばにして情報が途絶えていたサンパウロ市地下鉄5号線の4駅について、サンパウロ州運輸局のクロドアウド・ペリッシオーニ局長が16日、ラジオのジョーヴェン・パン局の取材で「最悪でも1カ月以内に開通」と答えた。それによると、現在、懸案となっているのが1 […]