fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(39)

どこから来たの=大門千夏=(39)

 この帆布のハンドバックの中から、色変わりした手紙、何か重要書類らしいもの、印鑑、領収書、母が父からもらった唯一のヒスイの指輪などが出てきた。
 そうして最後に小さな黑い石が出てきた。
 黑くツルリとした親指くらいの石。油を塗ったように黒く光っている。真ん中が少しへこんで、まるで子供の靴のような形をしている。あの派手好きな母が大切にしていた品? こんな石が特別? まさか。
 母は石が好きな人ではあった。特に庭石、石灯篭、手水鉢などには好みがうるさく、家を建てた時など大変な情熱を注いで、私は石が大好きなのよ、といったことがあった。
 かといって、路傍の石ころに興味を持つ人では決してなかった。まして拾う人でもなかった。
 父からのプレゼントではないはずだ。もしそうなら母のことだ、こんな道に落ちているものを呉れて、と言って激怒したであろう。友人からでも同じこと。
 それでは自分で拾ったものだろうか――。
 あの豪華好き、買い物好きの母がこんな泥臭い石ころを大事にしていたなんて、どんなに考えても腑に落ちない。その上、あの昔々の大切な思い出のハンドバックの中に入れておくなんて。
 何があったのだろうか?
 これまでの母の派手さ、虚栄心の強さに私はいつも批判的で、母と私の間はしっくりいかないことが多かった。しかし今、手の平に乗ったこの飾り気のない素朴な小石を見て、母にこんなところがあったのかと、今まで味わったことのないこもごもとした感情がわいた。
 いよいよブラジルに帰る日が来た。
 お母さん一緒にサンパウロに行こうね、そういって私のハンドバックにこの石を入れた。
 旅の途中で時々取り出してそっと撫でてみる。「お母さん」と呼んでみる。心が落ち着いてまた力が湧いてくるような気がする。
 もしかして二人で中国に行った時のものかもしれない、と思うようになった。なぜかわからないが段々と確信するようになった。そして今また一緒に旅行している。これからどこに行きたいの?と聞いてみる。母はフフフンと笑っている。その時、母の後ろに祖母が笑っている顔が見えた。
 あっそうだ、祖母が拾ったものかもしれない。祖母ならやりそうなことだ。とても子供っぽい人だったから。道の小石に手を伸ばして「面白い石ですのお」と独り言を言いながら袂に入れた。
 それっきり忘れていて、死後、母が見つけたのかもしれない。きっとそうだ。
 私が高校生の頃、祖母は家を出ていった。そして遠い親戚の家で亡くなった。総領娘である母が連絡を受けたのは葬式が終わったずっと後のことだった。
 母の心はいつまでもいつまでも傷んでいた。
 そうだ! きっとそうだ。あれは祖母の唯一の形見なのだ。
 誰にも見られたくない、見せたくない悲しみの石なのだ。
 つやつやと黒く光っているのは、度々母があの石を両手でさすりながら、祖母と話をしていたのではないだろうか。
 今、母の思いがけない一面を見つけて、いとおしい気持ちがわいてきた。
 「お母さん、やっぱり好きよ」と石を見ながらそっと呟いている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す2020年10月30日 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す  ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。  同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者の […]
  • 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」2020年10月30日 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」  ボルソナロ大統領は28日、国民や医療団体からの猛烈な反対を受け、前日発表した統一医療保健システム(SUS、国民皆保険制度)を民営化するための大統領令を撤回した。28、29日付現地紙、サイトが報じている。  大統領は27日、パウロ・ゲデス経済相が、保健所(UBS)を公 […]
  • 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆2020年10月30日 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆  【既報関連】国家衛生監督庁(Anvisa)が28日、新型コロナに対する中国製のワクチン「コロナバック」4千万回分を生産するための原材料の輸入を認めたと28、29日付現地紙、サイトが報じた。  原材料輸入はサンパウロ市のブタンタン研究所が9月に「例外的措置」として申請 […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]
  • 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL2020年10月30日 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL  あと2週間と少し経てば、いよいよ全国市長選だ。サンパウロ市はもちろん気になるが、2年後の大統領選、連邦議員選挙を占う意味で、全国的な動きがコラム子的には気になるところ。  そこで「少なくとも各州都くらいは」と思い、グローボのニュースで報じられている情報をもとに傾向を […]