fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(41)

どこから来たの=大門千夏=(41)

 バスの振動が心地よい。星が無数に光っている。こんな大きな空をサンパウロの町では見ることがない。明日は私の誕生日、旅先での誕生日、心に残る思い出の日が待っている。いつの間にか私もぐっすりと寝込んでしまった。
 周りがやかましくなった。明るくなった。終点オーロプレット。バスは止まった。同時に降りる気の早い人もいる。
 隣を見ると、桃子がいない。アレ。どこに行った。乗客は次々降りて行く。
 荷物もハンドバックも座席においてある。桃子はいない。いない。後ろのトイレに走って行ったり、椅子の下をのぞいたり。やっぱりいない。どうしよう。気が転倒し何がどうなったのかさっぱりわからない。心臓がどくどくと音をたて、こめかみが痛くなる。
 「ああ、あの小さな日本人か、前の町で降りたよ」と運転手は落ち着いて言った。寝ぼけて降りたのか、トイレに行って乗るバスを間違ったのか、ともかく忽然と消えてしまった。
 朝七時とはいえ、ミナスの朝はもうさんさんと肌をさすように陽光が強い。あれこれ考えたが 私がじっと待っているのが最良の方法だと判断した。桃子の大きな荷物二個を右手に、二つのハンドバックを首からぶら下げ、私の荷物を左手に、前のめりになって、ヨロヨロと歩いてバス会社にたどりついた。
 事情を話すと「ああ其のうち来るよ。ここで待っていたら良い」と落ち着いて言うところを見ると、こんな事はしょっちゅうあるみたいだ。三個の荷物を足下に置き、二つのハンドバックを両手でしっかり抱くようにして、大きなガランドウの車庫の隅に一人ポツンと座って、ひたすら桃子を待った。寝不足と心配と疲れで頭がぼんやりする。お金を持っていない桃子は今頃どうしているのだろう。
 ともかく桃子の家に電話を入れた。娘が出て、「あらーママいなくなったのー、あらー」とのんびり言うばかりで一向に驚かない。度々やっているのかもしれない。
 二時間くらいすると、「アアあんただね、アハハハ。あんたの友達から電話があった。午後三時ごろオーロプレットに着くから待っていてくれ、と言っていた。バスから落ちこぼれたんだって。ハハハッ」事務所の男は太った腹をユサユサさせて笑いながら言った。
 かばんの中からビスケットを取り出してモソモソと食べ、ぼんやりと外を眺める、次々とバスがつき、観光客が笑い声と共に散ってゆく。
 落胆し、うなだれて、半べその桃子の姿を想像すると空の色も周りの景色も、ただただ灰色。心がふさぐ。
 三時過ぎ、バスから桃子がおりてきた。「あはははごめんごめん」屈託なく笑っている。トイレ休憩だと思ってバスを降りてトイレに行って、帰ってきたらもうバスはいなかったの、お金はポケットに入れていたから心配なかったのよ。ブラジル人てみんな親切でねえ、寄ってたかって心配してくれたの。楽しかったわよ。と、嬉しそうに言うばかりで、私が心配したことは爪のアカほども気にしていない。
 それからやっと二人で町なかのホテルに入った。ちょっと休憩しようよとベットに横になるやいなや、二人とも即座に眠り込んでしまった。
 目が覚めたのは真夜中。大きく開け放したままの窓から星が溢れるように輝いている。流れ星が次々と線を描き、消えて行く。
 桃子は、持参の安眠枕を使ってぐっすり眠っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す2020年10月30日 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す  ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。  同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者の […]
  • 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」2020年10月30日 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」  ボルソナロ大統領は28日、国民や医療団体からの猛烈な反対を受け、前日発表した統一医療保健システム(SUS、国民皆保険制度)を民営化するための大統領令を撤回した。28、29日付現地紙、サイトが報じている。  大統領は27日、パウロ・ゲデス経済相が、保健所(UBS)を公 […]
  • 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆2020年10月30日 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆  【既報関連】国家衛生監督庁(Anvisa)が28日、新型コロナに対する中国製のワクチン「コロナバック」4千万回分を生産するための原材料の輸入を認めたと28、29日付現地紙、サイトが報じた。  原材料輸入はサンパウロ市のブタンタン研究所が9月に「例外的措置」として申請 […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]
  • 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL2020年10月30日 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL  あと2週間と少し経てば、いよいよ全国市長選だ。サンパウロ市はもちろん気になるが、2年後の大統領選、連邦議員選挙を占う意味で、全国的な動きがコラム子的には気になるところ。  そこで「少なくとも各州都くらいは」と思い、グローボのニュースで報じられている情報をもとに傾向を […]