ホーム | コラム | 樹海 | 自分の基準を全ての人に適用してはならない

自分の基準を全ての人に適用してはならない

 カーニバルにはサンバ熱でフィーバー(Febreの事、熱狂)するブラジル。だが、例年は近くのチームが地下鉄ヴィラ・マチウデ駅の脇で行うパレードを見に行く息子も、今年は体調が優れず、友人の家に行くに止まったし、親二人は夏風邪で39度台のフィーバーで苦しんだ▼コラム氏は11日、主人は翌日から熱が出始めたが、主人の方が熱は低いのに、足元がおぼつかないなど、熱や痛みに対する反応や耐性に差がある事が歴然とした。昼間は眠れない人が13日はずっと寝ていたのは自己防衛反応なのだろう。でも、「体が弱って立ち上がれない」と弱音を吐く主人を、「水分だけは取らないと」と叱咤激励して起き上がらせ、「二人とも体温はほぼ同じなんだから、自分だけ重病人だと思わないで」と呟いたコラム子▼考えてみれば、ボランティアでデイサービスを手伝っていた時、「自分は平熱が低いから、37度台でも辛い」と言っていた人がいた。そういう意味で、同じ体温だからきつさは同じという理論は成り立たない。なのに、自分を基準に判断してしまう浅はかさを恥じた▼女性は、出産、育児の中でも痛みや寝不足といった状況を乗り越える事が要求されるし、体調が悪くても授乳や離乳食作りなどは避けられない。これらの経験や、妻、母として最低限の事はこなさなければならないとの思いが、熱や痛みの中でもある程度食べ、動く事を可能にしているのかも知れない▼38・2度になっても「熱が下がらない」という主人と、40度だったのが38・2度に下がったからと出勤したコラム子。他の人にも同じように動く事を要求せぬよう自戒しているが、夏風邪は長引き易いのでご注意を。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき2020年2月28日 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき  24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、ア […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案2019年11月26日 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案  「政府支出削減のために政治家を減らす」――11月5日に連邦政府から上院に送られた連邦政府関連の憲法補足法案集(PEC)には、そんな素晴らしい名案が含まれている。  なにかと暴言、名言の多いボウソナロ政権だが、ゲデス経済相が出す法案には、やはりみるべきものがある。 […]
  • ボウソナロ政権、最初の100日で分かったこと2019年4月9日 ボウソナロ政権、最初の100日で分かったこと ▼スタートダッシュに失敗したボウソナロ    ボウソナロ政権はスタートダッシュ(最初から全力疾走)をするはずだったのに、逆に失速している。  ブラジルの場合、大統領は1月1日に任命されて働き始めるが、連邦議員が就任するのは2月初めで時差がある。さらに、この国の呆れた習慣の […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]