ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》リオ州治安部門の直接統治令=上院も賛成多数で承認=行動計画の早期発表を求める上議も=軍への警察権付与を巡り賛否=道路監視で薬物流通を絶つ

《ブラジル》リオ州治安部門の直接統治令=上院も賛成多数で承認=行動計画の早期発表を求める上議も=軍への警察権付与を巡り賛否=道路監視で薬物流通を絶つ

IF承認投票の結果を示す、上院本会議場のパネル(Alessandro Dantas)

IF承認投票の結果を示す、上院本会議場のパネル(Alessandro Dantas)

【既報関連】リオ州治安部門の直接統治令(インテルヴェンソン・フェデラル、IF)の是非を審議する上院本会議が20日夜に行われ、賛成55、反対13(棄権1)で承認されたと、21日付現地各紙が報じた。

 IFは16日の宣言時から有効だが、議会承認が必要だった。期限は今年12月31日までとなる。今後、リオ州政の治安部門(軍警、市警、消防、刑務所管理部門)は、ブラジル陸軍東方司令官のワルテル・ブラガ大将の指揮下に置かれる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ