ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州が3月にベネズエラ難民受け入れへ=アマゾナス州と分担する

サンパウロ州が3月にベネズエラ難民受け入れへ=アマゾナス州と分担する

 連邦政府は21日、ロライマ州に流入したベネズエラ難民の内、530人を3月にサンパウロ州とアマゾナス州に振り分けると発表した。22日付現地紙が報じている。
 ベネズエラのマドゥーロ政権に失望し、国を飛び出して近隣のロライマ州に逃げ込んだベネズエラ難民は、州都のボア・ヴィスタだけで4万人ほどと推定されている。
 ベネズエラ人の多くはボア・ヴィスタや国境の町パカライマなどの難民収容施設や借家に住んでいるが、広場で野宿をしている人も相当数いる。
 エリゼウ・パジーリャ官房長官が発表したところによると、これらの難民を他の地域へ振り分ける作業は3月からはじまる。その手始めとして、ここ2週間の内に、サンパウロ州に350人、アマゾナス州に180人の、計530人が送られることが決まった。
 難民たちは専用の施設に迎えられ、そこであてがわれた仕事で生活していくことになるという。最初に送り出されるのは、手に職を持つ独身または単身者で、ブラジルに定住する意思を表明している人だという。
 また、これとは別にサンパウロ市でも、4月からベネズエラ難民を引き受けはじめる意向で、合計で300人を迎えることになるという。
 マドゥーロ大統領の独裁が強まる中、ベネズエラでは、次の大統領選が12月から4月に一方的に早められ、野党が候補者を出すのをボイコットせざるを得ない状態に追い込まれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ・デ・ジャネイロ州=起業を目指す難民支援プロジェクト=非政府団体のカリタスが第1弾スタート2017年5月19日 リオ・デ・ジャネイロ州=起業を目指す難民支援プロジェクト=非政府団体のカリタスが第1弾スタート  非政府団体の国際カリタスのリオ支部が、リオ州の零細・小企業支援サービス機関(Sabrae)と協力し、起業を目指す難民向けプロジェクトを発足させた。  5月3日に始まったプロジェクト第1弾は、アンゴラ、コロンビア、ナイジェリア、パキスタン、コンゴ、シリア、トーゴ、ベネズエラの […]
  • ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行2018年10月3日 ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行  汎米保健機構(Opas)がまとめた内部資料によると、ベネズエラでは、政治的、経済的な危機により、この4年間に医師2万2千人が国外に脱出、医療システムに大穴が開いていると2日付ブラジル国内紙が報じた。  同国の医療システムの対応能力は5年前から急速に落ちてきていた。17、18 […]
  • ベネズエラ=「倒そうと思えばすぐ」=トランプ大統領が語る2018年9月27日 ベネズエラ=「倒そうと思えばすぐ」=トランプ大統領が語る  米国のトランプ大統領は25日、国連総会の席で、ベネズエラ政府に関して、「軍事的に政権を倒そうとすれば、すぐに倒せる」との発言を行った。26日付現地紙が報じている。  同大統領は、ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領の独裁政治に関し、「あの国はすごく弱体化しているから、軍事 […]
  • ベネズエラ=マドゥーロの贅沢食に批難殺到=国民総貧困の緊急事態の中2018年9月20日 ベネズエラ=マドゥーロの贅沢食に批難殺到=国民総貧困の緊急事態の中  ベネズエラでは国民の87%が貧困に陥っているという緊急事態の最中に、ニコラス・マドゥーロ大統領がトルコのイスタンブールで超高級ステーキを食べた動画が公開され、世界的に批難を集めた。19日付ブラジル国内紙が報じている。  動画中のマドゥーロ氏は、妻のシリア・フローレス氏と共に […]
  • 《ブラジル》ロライマ州のベネズエラ人=1万6千人以上が難民申請2018年7月12日 《ブラジル》ロライマ州のベネズエラ人=1万6千人以上が難民申請  連邦警察によると、今年上半期に難民申請したベネズエラ人は1万6千人を超え、昨年の年間申請数を20%上回っていると11日付現地紙サイトが報じた。  ロライマ州の連警が1月から6月22日までに受け付けた難民申請者は1万6953人で、1万6523人がベネズエラ人だった。残りはキュ […]