ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル人のポルトガル国籍申請受付中断=「申請数多く、対処しきれず」

ブラジル人のポルトガル国籍申請受付中断=「申請数多く、対処しきれず」

 在サンパウロ市ポルトガル総領事館は、ポルトガル系ブラジル人による国籍申請の数が余りに多くて対処しきれないとして、来年1月2日まで、新規の国籍取得申請の受付を中断すると発表した。19日付ブラジル現地各紙が報じている。
 この知らせは在サンパウロ市ポルトガル総領事館のホームページに掲載された。サントス市の同国領事事務所も、同期間中、申請の受付を中断する。
 サイトに掲載された文には、「国籍申請の数が増え続け、審査その他の手続きに遅れが生じている」とあり、総領事館側は、現在進行中の手続きを行うため、新規受付の中断が必要だったとしている。国内の他の総領事館や領事事務所も受付を中断したかは、まだ確認できていない。
 ポルトガル法務省によると、今年だけで既に1万人のブラジル人が同国の国籍取得を申請している。この数は国別トップだ。
 総領事館は、申請の受付再開を待てないブラジル人は、ポルトガルにある中央登録局に直接申請する事が可能だとしている。申請は代理人が行うことも可能で、必要な書類を郵送すればよい。
 ポルトガル移民1世の娘で、自分自身はポルトガルの市民権を持っているが、息子たちにも同じ権利を持たせたいと思って、国籍取得を申請していたルシア・ガンバリーニさん(52)は、申請再開を待つか、ポルトガルに直接申請するか決めかねている。
 ガンバリーニさんは「ポルトガルに直接申請しても、そこも中断しかねないから、正確な情報を得たい」と語る。
 ガンバリーニさんは、「ブラジルの政治的、経済的な混乱が続いても、将来的にポルトガルに合法的に居住できる権利を得るために、国籍を取ろうとする人が増えているのだろう」と見ている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ2021年1月19日 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ  国家衛生監督庁(ANVISA)は17日、コロナウイルスのワクチンとして緊急使用願いが出されていた「コロナバック」「オックスフォード・ワクチン」の二つを満場一致で承認した。25日からコロナバックの接種開始とかねてから発表していたサンパウロ州では、17日の内にさっそく前倒 […]
  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]