ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル人のポルトガル国籍申請受付中断=「申請数多く、対処しきれず」

ブラジル人のポルトガル国籍申請受付中断=「申請数多く、対処しきれず」

 在サンパウロ市ポルトガル総領事館は、ポルトガル系ブラジル人による国籍申請の数が余りに多くて対処しきれないとして、来年1月2日まで、新規の国籍取得申請の受付を中断すると発表した。19日付ブラジル現地各紙が報じている。
 この知らせは在サンパウロ市ポルトガル総領事館のホームページに掲載された。サントス市の同国領事事務所も、同期間中、申請の受付を中断する。
 サイトに掲載された文には、「国籍申請の数が増え続け、審査その他の手続きに遅れが生じている」とあり、総領事館側は、現在進行中の手続きを行うため、新規受付の中断が必要だったとしている。国内の他の総領事館や領事事務所も受付を中断したかは、まだ確認できていない。
 ポルトガル法務省によると、今年だけで既に1万人のブラジル人が同国の国籍取得を申請している。この数は国別トップだ。
 総領事館は、申請の受付再開を待てないブラジル人は、ポルトガルにある中央登録局に直接申請する事が可能だとしている。申請は代理人が行うことも可能で、必要な書類を郵送すればよい。
 ポルトガル移民1世の娘で、自分自身はポルトガルの市民権を持っているが、息子たちにも同じ権利を持たせたいと思って、国籍取得を申請していたルシア・ガンバリーニさん(52)は、申請再開を待つか、ポルトガルに直接申請するか決めかねている。
 ガンバリーニさんは「ポルトガルに直接申請しても、そこも中断しかねないから、正確な情報を得たい」と語る。
 ガンバリーニさんは、「ブラジルの政治的、経済的な混乱が続いても、将来的にポルトガルに合法的に居住できる権利を得るために、国籍を取ろうとする人が増えているのだろう」と見ている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]