ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル人のポルトガル国籍申請受付中断=「申請数多く、対処しきれず」

ブラジル人のポルトガル国籍申請受付中断=「申請数多く、対処しきれず」

 在サンパウロ市ポルトガル総領事館は、ポルトガル系ブラジル人による国籍申請の数が余りに多くて対処しきれないとして、来年1月2日まで、新規の国籍取得申請の受付を中断すると発表した。19日付ブラジル現地各紙が報じている。
 この知らせは在サンパウロ市ポルトガル総領事館のホームページに掲載された。サントス市の同国領事事務所も、同期間中、申請の受付を中断する。
 サイトに掲載された文には、「国籍申請の数が増え続け、審査その他の手続きに遅れが生じている」とあり、総領事館側は、現在進行中の手続きを行うため、新規受付の中断が必要だったとしている。国内の他の総領事館や領事事務所も受付を中断したかは、まだ確認できていない。
 ポルトガル法務省によると、今年だけで既に1万人のブラジル人が同国の国籍取得を申請している。この数は国別トップだ。
 総領事館は、申請の受付再開を待てないブラジル人は、ポルトガルにある中央登録局に直接申請する事が可能だとしている。申請は代理人が行うことも可能で、必要な書類を郵送すればよい。
 ポルトガル移民1世の娘で、自分自身はポルトガルの市民権を持っているが、息子たちにも同じ権利を持たせたいと思って、国籍取得を申請していたルシア・ガンバリーニさん(52)は、申請再開を待つか、ポルトガルに直接申請するか決めかねている。
 ガンバリーニさんは「ポルトガルに直接申請しても、そこも中断しかねないから、正確な情報を得たい」と語る。
 ガンバリーニさんは、「ブラジルの政治的、経済的な混乱が続いても、将来的にポルトガルに合法的に居住できる権利を得るために、国籍を取ろうとする人が増えているのだろう」と見ている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イスラエル首相=ボウソナロの就任式に出席=大使館の移転発言を歓迎2018年12月20日 イスラエル首相=ボウソナロの就任式に出席=大使館の移転発言を歓迎  パレスチナ自治区への攻撃などで国際的な批判を浴びているイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が、ジャイール・ボウソナロ氏の大統領就任式を含む日程で、同国首相としては初のブラジル訪問を行う予定だという。19日付ブラジル国内紙が報じている。  イスラエルの接近は、ボウソナロ氏が […]
  • 《ブラジル》マイス・メジコス=赴任地に現れぬ医師2500人=先住民保護区への応募も不足2018年12月18日 《ブラジル》マイス・メジコス=赴任地に現れぬ医師2500人=先住民保護区への応募も不足  【既報関連】キューバ人医師が政府の医療拡充計画の「マイス・メジコス」の現場を離れる事になり、急遽行われた医師募集には8411人が応募した。だが、希望する任地で自治体責任者との面接や契約を済ませ、勤務を始める期日の14日までに現地に赴かなかった医師が2520人おり、18日まで期 […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • 《リオ・デ・ジャネイロ州》エストレラ川でオイル漏れ=グアナバラ湾にも6万リットル流入2018年12月11日 《リオ・デ・ジャネイロ州》エストレラ川でオイル漏れ=グアナバラ湾にも6万リットル流入  リオ州海岸部で8日、何者かがペトロブラス社の油送管から油を盗もうとしたためにエストレラ川に原油が漏れ出し、6万リットル余りがグアナバラ湾にも流れ込むという事件が起きた。  この辺りがカニの生息域である事や、渡り鳥が飛来する時期でもあるため、専門家はカニなども含む動植物の生態 […]
  • 《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に2018年12月15日 《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に  軍事政権下の1971年に死亡した夫を、行方不明とされ、長年にわたり、真相究明を叫んできたことで知られる、弁護士のエウニセ・パイヴァ氏(89)が13日に死去した。14日付現地紙が報じている。  エウニセ氏の夫でサンパウロ州選出下議だったルーベンス・パイヴァ氏は、64年4月の軍 […]