ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(51)

どこから来たの=大門千夏=(51)

 エジプトのツタンカーメン王の王冠にはちゃんと蛇がついている。蛇はある種の「力」、神通力を持っているから、これをつけることで王としての威厳を高めていたわけで、いずれにしても太古の昔から「蛇さまさま」なのだ。
 知人に「蛇大好き婦人」がいる。親指くらいの細い蛇を飼っていて、行くと、「ね、かわいいでしょう。触ってみて」と言う。いやに冷たい動物で、いくら私が巳年生まれといえど気持ちの良いものではない。
 反対に母の友人、斉藤夫人のように「蛇」と聞いただけで飛び上がるほど嫌いな人もいる。わが生涯で出会った最高の「蛇ぎらい婦人」である。
 ある日、あなたが巳年なら貰っていただきたい物があるから、ぜひとも家に来てくださいと連絡があった。ぐずぐずしていると早く早くと催促の電話まであった。
 額と鼻の頭にいつも大汗をかいているよく太った大柄な人で、おっとりした、いつ見ても和服姿の上品な日本婦人だ。
 ようやく伺うと、「息子が土産にくれたものがあります。でも私の一番嫌いなもので、部屋の隅に置いたままで、見ることも触ることも気持ち悪くて、その上恐ろしくて夜も眠れません。一日も早く持って帰っていただきたくて」そういって広い座敷の隅に緊張して座っている私に、「あなたならきっと、もらって下さいますわよね」そう念を押してから、着物の衿の合わせ目に両手を重ねて、何か祈るような、覚悟するようなしぐさを数秒してから、隣の部屋に消えた。
 しばらくすると、ふすまがそおっと少し開いた。薄茶色の丸い棒の先が現れた。アレ和箒の柄だ。
 ニシキヘビ革のまだらな茶色のハンドバックが棒の先にぶら下がって、ゆらゆらしながら出てきた。こんどはふすまの間から着物姿の夫人が、日本手拭いでくるんだ箒の穂先をしっかりと両手で横抱きにして、少し腰を落として、眉間には縦じわを作り、眼は一点に集中して真剣な顔で、ハンドバックが滑り落ちないように、箒の柄が水平になるようにして一歩。…また一歩。
 あっけにとられている私の目の前で箒の柄の先が止まった。 ヘビ革の大きなハンドバックが目の前でブランブランしている。
「さ、どうぞ」
「……」
「さ、はやく」
「……」
「遠慮なさらずに」
「……」
 手を伸ばした。ハンドバックはズシリと私の膝の上におちた。
 夫人はへなへなと気が抜けたようにその場に座り、袂から大きめの風呂敷を出し、
「さ、これで包んで廊下において来てください。はやく」
「ああ…やっとこれで、久しぶりに今夜は部屋でぐっすりと眠れます。(と、大きく息をして)ありがとうございました」と鼻の頭と額の大量の汗をぬぐいながら、心から礼を言ってもらった。私はどぎまぎしてやたらと頭を下げた。
 このハンドバックは、以来私の一番のお気に入りとなり長いこと愛用した。それからは巳年生まれが蛇皮の品を持つと、運勢が良くなるんだと勝手に解釈して、靴までそろえて嬉しがったものだ。
後から思うと、確かにこの頃がわが生涯で一番良い時代だったんじゃあないかしら。
 数年後ブラジルに来ることになった。かれこれ四〇年前のことだ。リオに着く直前に船の中で夢を見た。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ふるさと巡り、サンパウロ州北西部へ2018年4月13日 ふるさと巡り、サンパウロ州北西部へ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が『第49回移民のふるさと巡り』の参加者を募集している。9月20日から5泊6日で、サンパウロ州北西部のジャーレス、サンタ・フェ・ド・スール、イーリャ・ソルテイラ、アラサツーバ、ビリグイを巡る。  20日夜にリベルダーデ広場からバ […]
  • サンパウロFor Japan=復興支援コンサート開く=義捐金5千レが寄せられ2011年12月1日 サンパウロFor Japan=復興支援コンサート開く=義捐金5千レが寄せられ ニッケイ新聞 2011年12月1日付け […]
  • 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術2019年3月7日 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術  5日未明、リオ州南部のバラ・マンサ市の病院で、妊娠27週の女性が暴行を受けて運び込まれ、緊急手術を受けたが、出産後に死亡する事件が起きた。  死亡したマリア・エジジャーネ・デ・リマさん(35)は、4日午後、膣からの出血を起こした状態で病院に運び込まれた。リマさんの体には、暴 […]
  • 短い年月でめざましく急成長=カンピーナス文協の日本祭り2007年7月5日 短い年月でめざましく急成長=カンピーナス文協の日本祭り 2007年7月5日付け  【カンピーナス】カンピーナス文協(花田忠義会長)主催のカンピーナス第三回日本祭りが、去る六月九、十日、協会会館で開催された。周辺の日系団体が協力し、百年祭の前夜祭の雰囲気があふれ、盛上がった。 […]
  • 大耳小耳2011年10月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年10月12日付け […]