ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》密輸品横行での経済損失は1463億レアル!=多くの国民は、「政府の取り組みが手ぬるい」と指摘

《ブラジル》密輸品横行での経済損失は1463億レアル!=多くの国民は、「政府の取り組みが手ぬるい」と指摘

ブラジル南部パラナ州で押収された密輸タバコ(PMPR)

ブラジル南部パラナ州で押収された密輸タバコ(PMPR)

 ブラジル全国反海賊製品フォーラム(FNCP)は2日、2017年に海賊版商品(偽物)や密輸品の横行によって発生した経済損失は1463億レアル(16年は1300億レ)に上ると発表した。
 FNCPとブラジル市場競争倫理研究所(Etco)の会長を兼任するエジソン・ヴィスモーナ氏によると、この金額は、偽物や密輸品が売られることで売上を失った商店の損失額と、税金を取りこぼした政府の損失額を合計したものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ