ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=ヴィラコッポス空港で強盗事件=わずか6分で500万ドル奪う

サンパウロ州=ヴィラコッポス空港で強盗事件=わずか6分で500万ドル奪う

 サンパウロ州内陸部のカンピーナス市ヴィラコッポス空港で4日夜、映画もどきの強盗事件が発生し、500万ドルが奪われた。
 犯行発生は午後9時半過ぎで、滑走路の警備を行う会社の軽トラックを模した軽トラックが18番ゲートから空港敷地内に侵入し、滑走路の脇と端を沿うように走る道路を経て、貨物機用ターミナルに到着した。この間に出会った警備会社の車に乗っていた警備員2人は、簡単に強盗団に制圧されてしまった。
 ターミナルに着いた強盗達は、スイスのチューリッヒに向かうため、貨物を搭載中のルフトハンザ機の脇に乗り付けた。
 車には機関銃で武装した5人組が乗っており、貨物を取り扱っていた会社の従業員らをバンの中に押し込んだ上で、現金輸送車で運ばれる予定だった現金入りのトランクを奪うと、同じルートで16番ゲートまで戻って、そのまま逃走したという。犯行に要した時間はわずか6分で、奪われた金が500万ドルに及ぶ事は、5日の午後、公表された。
 ヴィラコッポス空港はサンパウロ州第2の都市であるカンピーナス市内にあり、内陸部の工業地帯に近い事もあって、近年の貨物取扱量はうなぎのぼりに増えている。2017年の貨物取扱量は前年比20%増で、16万4400トンが19万8800トンに増えたといい、貨物取扱量はブラジル一だ。しかも、携帯電話やタブレット、大型テレビなどの高額商品の輸出入も頻繁に行われている。
 ただ、繁栄の陰では、積荷強盗などの増加という問題も抱えている。
 今回狙われたルフトハンザ機は、サンパウロ大都市圏のグアルーリョス国際空港を出立後、ヴィラコッポス空港に立ち寄り、更に積荷を積み込んだ後に、セネガルを経てチューリッヒに向かう事になっていた。(5日付G1サイト、アジェンシア・ブラジルなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加2020年9月22日 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加  サンパウロ市市役所が行った調査によると、住民の13・9%は既に新型コロナウイルスに感染し、抗体を持っている事がわかった。  新型コロナ抗体率を調べる調査は5回目で、市内全域の保健所(UBS)472カ所の管轄の住民の中から無作為に選ばれた2226人を調査した結果、抗体 […]
  • サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に2020年9月22日 サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に  世論調査会社「IBOPE」がサンパウロ市長のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)に対する調査を行った結果、新型コロナウイルス対策に関して54%が評価しているという結果が出た。だが、市政に関しては「良い」の評価が28%、「悪い」も28%と拮抗していることもわか […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?2020年9月22日 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?  ブラジルでの新型コロナウイルスの感染拡大はいったん減速したが、13~19日には感染者、死者共に増え、外出自粛が緩んでいた事を窺わせている。  ここの所、1週間(日曜~土曜)ごとの新たな感染者や死者の数の推移は、感染拡大が減速化している事を示していた。だが、先週は感染 […]
  • 人権相に中絶妨害疑惑=強姦被害の10歳少女に2020年9月22日 人権相に中絶妨害疑惑=強姦被害の10歳少女に  8月に社会問題となった、強姦されて妊娠した10歳少女の中絶に関する問題で、ダマレス・アウヴェス人権相が、少女の中絶手術に干渉しようとしていた疑惑が浮上した。  これは21日付フォーリャ紙が報じたもの。ダマレス人権相は、8月上旬に少女が中絶手術を受けることを知った際、自身の側 […]