ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=ヴィラコッポス空港で強盗事件=わずか6分で500万ドル奪う

サンパウロ州=ヴィラコッポス空港で強盗事件=わずか6分で500万ドル奪う

 サンパウロ州内陸部のカンピーナス市ヴィラコッポス空港で4日夜、映画もどきの強盗事件が発生し、500万ドルが奪われた。
 犯行発生は午後9時半過ぎで、滑走路の警備を行う会社の軽トラックを模した軽トラックが18番ゲートから空港敷地内に侵入し、滑走路の脇と端を沿うように走る道路を経て、貨物機用ターミナルに到着した。この間に出会った警備会社の車に乗っていた警備員2人は、簡単に強盗団に制圧されてしまった。
 ターミナルに着いた強盗達は、スイスのチューリッヒに向かうため、貨物を搭載中のルフトハンザ機の脇に乗り付けた。
 車には機関銃で武装した5人組が乗っており、貨物を取り扱っていた会社の従業員らをバンの中に押し込んだ上で、現金輸送車で運ばれる予定だった現金入りのトランクを奪うと、同じルートで16番ゲートまで戻って、そのまま逃走したという。犯行に要した時間はわずか6分で、奪われた金が500万ドルに及ぶ事は、5日の午後、公表された。
 ヴィラコッポス空港はサンパウロ州第2の都市であるカンピーナス市内にあり、内陸部の工業地帯に近い事もあって、近年の貨物取扱量はうなぎのぼりに増えている。2017年の貨物取扱量は前年比20%増で、16万4400トンが19万8800トンに増えたといい、貨物取扱量はブラジル一だ。しかも、携帯電話やタブレット、大型テレビなどの高額商品の輸出入も頻繁に行われている。
 ただ、繁栄の陰では、積荷強盗などの増加という問題も抱えている。
 今回狙われたルフトハンザ機は、サンパウロ大都市圏のグアルーリョス国際空港を出立後、ヴィラコッポス空港に立ち寄り、更に積荷を積み込んだ後に、セネガルを経てチューリッヒに向かう事になっていた。(5日付G1サイト、アジェンシア・ブラジルなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」2021年2月26日 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」  「ビデオゲームの達人」として有名だった19歳の女性が22日午後、ゲーマー(ゲーム愛好家)でサンパウロ市在住の18歳の少年に刺殺される事件が発生した。23、24日付現地紙、サイトが報じている。  殺害されたのは、イングリッジ・オリヴェイラ・ブエノ・ダ・シウヴァさんだ。 […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]