ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 W杯開幕まであと100日を切ったが、ブラジルからも、富裕層を中心に、ロシアに観戦旅行に行く人が存在する。ブラジルではロシアの通貨ロシア・ルーブルを売っている両替商は少なく、W杯需要を見越し、35%の手数料を取っているところもあるという。ドルやユーロを買う時の手数料3~6%と比べるとかなり法外だ。「レアルをひとまずドルやユーロに替え、ロシアに着いた時にルーブルに替えた方が有利」と勧める専門家もいる。為替レートをよく確認して、ルーブルを買う際にはご注意を。
     ◎
 中銀が、2月のポウパンサ(貯蓄預金)の全体収支は、引き出し分が預け入れ分を7億800万レアル上回ったと発表した。これは2月としては4年連続の事だが、マイナス幅は最も小さかった。また、出し入れではマイナスだが、利息分も入れた預金総額は増えた。引き出し超過は1月からで、2カ月間の引き出し超過額は59億レアル。これも14年以降では最少だ。1月、2月は固定資産税などの支払があるのと所得の回復が、こんなところからもうかがわれる。
     ◎
 月曜開催となった、サンパウロ州選手権1次リーグ第10節のパルメイラス対サンカエターノ戦で、ホームのパルメイラスが0―1で敗れる波乱が起きた。しかし、パルメイラスは、開幕6連勝の貯金があり、8強入りを決めている上、先週コロンビアで行われたリベルタ杯に出場した主力を全員温存して戦ったため、ダメージはほとんどない。ただし、「豪華補強で、2チーム分の強力メンバーを揃えたという前評判は?」との嫌味もライバルチームのファンからは聞こえてきそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月8日  W杯を来年に控え、今年のサッカー界は「天国と地獄は隣りあわせ」を地で行く展開だ。例えば昨年末に日本で開催されたクラブチーム世界一決定戦で見事な粘り勝ちを見せたコリンチャンス。昨年はチテ監督の情熱的な指導の下、スター選手不在でもチームワークを […]
  • 東西南北2021年2月13日 東西南北  15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、 […]
  • 東西南北2021年2月9日 東西南北  7日に行われたサッカーのクラブW杯準決勝で、南米代表のパルメイラスは北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)に0―1で敗れた。後半7分、ディフェンダー、ルアンがペナルティ・エリア内で相手フォワードのカルロス・ゴンザレスに痛恨のファウル。そこで得たPKを相手エース、ジニャック […]
  • 東西南北2021年2月6日 東西南北  現在、クラブW杯参加のため、カタールに遠征中のパルメイラス。同大会には準決勝からの参加で、北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)との対戦となる。同チームにはボランチのレギュラーにかつてアトレチコ・ミネイロで活躍したブラジル人選手ラファエル・カリオカがいるが、国際的に有名な […]
  • 東西南北2021年2月4日 東西南北  サンパウロ州政府が「コロナワクチンの州の接種予定に関し、フェイクニュースに注意を」と呼びかけている。それによると、ワッツアップなどを通じて「75歳以上の高齢者の接種が8日からはじまる」とか「28歳より下の接種の開始は7月1日以降」などの怪情報が流れているという。正しくは、90 […]