ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 W杯開幕まであと100日を切ったが、ブラジルからも、富裕層を中心に、ロシアに観戦旅行に行く人が存在する。ブラジルではロシアの通貨ロシア・ルーブルを売っている両替商は少なく、W杯需要を見越し、35%の手数料を取っているところもあるという。ドルやユーロを買う時の手数料3~6%と比べるとかなり法外だ。「レアルをひとまずドルやユーロに替え、ロシアに着いた時にルーブルに替えた方が有利」と勧める専門家もいる。為替レートをよく確認して、ルーブルを買う際にはご注意を。
     ◎
 中銀が、2月のポウパンサ(貯蓄預金)の全体収支は、引き出し分が預け入れ分を7億800万レアル上回ったと発表した。これは2月としては4年連続の事だが、マイナス幅は最も小さかった。また、出し入れではマイナスだが、利息分も入れた預金総額は増えた。引き出し超過は1月からで、2カ月間の引き出し超過額は59億レアル。これも14年以降では最少だ。1月、2月は固定資産税などの支払があるのと所得の回復が、こんなところからもうかがわれる。
     ◎
 月曜開催となった、サンパウロ州選手権1次リーグ第10節のパルメイラス対サンカエターノ戦で、ホームのパルメイラスが0―1で敗れる波乱が起きた。しかし、パルメイラスは、開幕6連勝の貯金があり、8強入りを決めている上、先週コロンビアで行われたリベルタ杯に出場した主力を全員温存して戦ったため、ダメージはほとんどない。ただし、「豪華補強で、2チーム分の強力メンバーを揃えたという前評判は?」との嫌味もライバルチームのファンからは聞こえてきそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月8日  W杯を来年に控え、今年のサッカー界は「天国と地獄は隣りあわせ」を地で行く展開だ。例えば昨年末に日本で開催されたクラブチーム世界一決定戦で見事な粘り勝ちを見せたコリンチャンス。昨年はチテ監督の情熱的な指導の下、スター選手不在でもチームワークを […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]
  • 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合2020年3月7日 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は6日、今月のW杯南米予選に出場するA代表、同時期に開催される親善試合に出場する五輪代表の計47選手を発表した。  A代表24人のメンバーは以下の通りだ。<キーパー>エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェーヴェルトン(パルメイ […]