ホーム | コラム | 樹海 | スランプに陥ったら原点に戻れ

スランプに陥ったら原点に戻れ

 4日(日)午後、NHK俳句を見ていたら、選者の今井聖氏が横浜高校野球部元監督の渡辺元智氏に「スランプに陥った時はどう指導するのか」と質問した▼長女とスランプについて話合った直後だった事もあって聞き耳を立てると、「現場を少し離れ、原点に戻るよう教える」と答えた。野球ならキャッチボール、俳句なら物事を良く見る事が原点に戻る事にあたるとの会話に感じるところがあり、監督の名前を急いでメモした▼渡辺氏は24歳で母校の野球部監督に就任、全国制覇5回などの栄えある結果を残した。その後、終身名誉監督となったが、全国の青少年育成に携わるために退任。学生時代に壁にぶつかり、目標を失って投げやりになった経験があるせいか、指導時の座右の銘は「富士山に登る第一歩、三笠山に登る第一歩、同じ一歩でも覚悟が違う。どこまで登るつもりか、目標がその日その日を支配する」だったという。同氏の講演会要旨には、「一流になるには一流の人と付き合いなさい」と教えられたとも書かれていた▼これらの情報は皆、17、18日にあったカラオケのサンパウロ州大会(パウリスタン)前後に考えていた事と見事に重なる。同じ歌うのでも、パウリスタンやブラジレイロン(全国大会)を視野に置く人と、ただ単に好きで歌っている人では、思い入れや練習への熱意がまったく違う。手本となる歌手の歌を何度も聴く事は原点に戻る事だし、一流の人との付き合いは自分を変え、広げてくれる▼パーカッションを勉強中の長女と自称下手の横好き歌手のスランプ談義は今のところ中断中。とはいえ、どんな世界にも、共通する原則があるものだと再認識した午後だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」2021年2月26日 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」  「ビデオゲームの達人」として有名だった19歳の女性が22日午後、ゲーマー(ゲーム愛好家)でサンパウロ市在住の18歳の少年に刺殺される事件が発生した。23、24日付現地紙、サイトが報じている。  殺害されたのは、イングリッジ・オリヴェイラ・ブエノ・ダ・シウヴァさんだ。 […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]