ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(55)

どこから来たの=大門千夏=(55)

 薄汚い男たちが手に手にコップを持ち、あるいはピンガ(サトウキビからつくる蒸留酒)の瓶を持ってじっと車を見ている。酒飲みの最中だったのだ。金曜日の夜はサラリーマンと同じ、気分が解放され同僚どもが集まって酒飲み会をするのだろうか。さしづめ今夜は「乞食の宴会日」か。
 おそるおそる車を降りると、途端にホホを刺すほどの冷たさが襲ってきた。この寒さでは乞食だって生きてゆくのは大変だろうなとチラと考えたが「同情は禁物」と自分を制して、――強盗に早変わりすることはない、大丈夫大丈夫、落ち着け落ち着け。自分に言いきかせ、まずは彼らを睨み付け、一呼吸してから、「何をしている。ここは私の家よ! 誰の許可でここにいるの」と、できるだけ太い声を出して威厳をみせた。
 しかし「ただ飲んでるだけだ、何も悪い事はしていない」中の痩せた男が私を見てバカにしたように言った。小さい女に警戒心はまるでないようだ。
 「あと少しで終わるんだ。そうしたら皆、帰る。いいだろう」男はニヤニヤしながら片手にピンガの入った瓶を振って見せた。
 「ここに度々集まって飲んでいるんでしょう。厚かましい。ははーん、ここでおしっこをしているのはあんたたちだね」腕組みして顎をしゃくって威圧的に言った。
 「いや、そんなことはない、ここでしたことはない」毛布を頭からかぶった男があわてるように言った。
 「嘘言って! この前もここに大便がしてあった。誰が掃除すると思ってるの、私よ! これ以上お断り。さあすぐに帰れ!」我ながらいささかお低級かなと思いながらも声を張り上げて叫ぶと、男どもは手にコップを持ったままぐずぐずと立ち上がり、顔を見合わせて、それでもまだ去ろうとはしなかった。
 「いやなら今すぐに警察をよぶよ」と叫ぶと、なんと警察という言葉にあっけないほど簡単に、右や左に走り去って行った。
 無精ひげを生やした大柄の男が一人残った。
 立ち上がることもせず、左足を投げ出して、そのままじっとしている。目の粗いよごれた横じまのセーターを着て、固い表情をして私をまっすぐに見ている。
 「あんたは何ぐずぐずしているの、すぐに帰って、早く早く」威張ってまくしたてた。
 「待ってくれ足をけがしているんだ。一人では歩けない。もうすぐ連れあいが来るからそれまで待たせてくれ」低く落ち着きのあるはっきりした声で言った。
 「つれあいが来る? いつ来るの、ウソでしょう」両手を組んで横柄な口のきき方をしている私。
 「いや本当だ。もうすぐ来る。待たせてくれ、頼む」腹の底から唸るように哀願するように言った。
 軒下の電灯がぼんやり男を照らした。まだ五〇代にちがいない、顔形の整った穏やかそうな顔があった。この男なら強盗に早変わりすることはないだろう。少し安心した私は車からショールを取り出し肩にかけ、人通りのない歩道に出ていらいらと右や左に歩きまわった。静まり返った深夜の街にブーツのヒールが突き上げるような乾いた音を響かせていた。
 夫がいてくれたらこんなことに会わずにすんだのに、と、いつものようにどうにもならない愚痴をぐずぐずと思いめぐらすのだった。
 しばらくすると向こうの四つ角にぼんやりとそれらしい人影が現れた。女は道を斜めに横切って、まるで熟知の家に帰って来るみたいに、まっすぐ我が家に向かった。「勝手知ったる宴会場」ってわけか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(217)2020年2月22日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(217)  ルビーニョが外に出るなり、ドアを荒っぽく閉め、なかから鍵をかけた。ところが、彼の赤いコートがドアに挟まってしまった。懸命に引っぱったが抜けない。 「ぼくのドレス、ぼくのドレス」と叫びながら、ドアを開けてくれと懇願した。 「はっ、はっ、はっ。おまえは女の子のドレスをきるのか […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(36)2019年1月22日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(36)  断片的にせよ、故郷の新しい情報にはちがいない。以前からの入植者のなかに、保久原と村は違うが同じ地域の具志頭村(沖縄の方言でグシチャン)からきた新垣という男がいた。二人には共通の話題があり意気投合した。彼は樽にピンガという酒をすすめながら、「沖縄の泡盛に似ています。サトウキビか […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(6)2015年12月16日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(6)  で、ペオンにその辺に寝る場所を適当に用意してもらい、一同牛缶で夜食を済ませ、ペオンには持参のカンニャ酒を振舞ってねぎらい、自分も飲んだ。 パラグァイの地酒カンニャは銘酒でブラジルのピンガに相当するサトウキビの蒸留酒だが、田舎の山の中で飲むとその雰囲気に良く合って、また一味違い […]
  • 百周年を記念してBR―369沿いに建設された大鳥居2015年7月7日 「日本人なくして北パラナの開拓なし」=州入植百周を盛大に祝う=前線基地だったカンバラ  パラナ日伯文化連合会(折笠リカルド力己知会長)が主催してパラナ州日本人入植百周年記念式典が13日にカンバラ市に約150人の日系団体代表が集まり、続いて翌週20日には慰霊祭がローランジャ市日本移民センターで盛大に挙行された。カンバラは北パラナの玄関口として、また〃足場〃とし […]