ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院政府リーダーのジュカー上議が最高裁の被告に=暫定令での企業便宜の見返りか=息子の州知事選に疑惑の献金=合法手段を利用した手口か

《ブラジル》上院政府リーダーのジュカー上議が最高裁の被告に=暫定令での企業便宜の見返りか=息子の州知事選に疑惑の献金=合法手段を利用した手口か

ジュカー氏(Wilson Dias/Agência Brasil)

ジュカー氏(Wilson Dias/Agência Brasil)

 最高裁は13日、民主運動〈MDB〉党首で上院政府リーダーのロメロ・ジュカー上議に対する起訴状を受理することを決めた。これにより、同上議は収賄と資金洗浄の疑惑で被告となった。最高裁がオデブレヒト社幹部らの報奨付証言〈デラソン・プレミアーダ〉を基に政治家を被告とするのは今回が初めてだ。14日付現地紙が報じている。

 ジュカー氏を被告としたのは最高裁第1小法廷だ。報告官をつとめたのはマルコ・アウレーリオ判事で、ロドリゴ・ジャノー前検察庁長官からの起訴状を受け付けたいとする同判事の意向に、欠席したルイス・フクス判事以外の3判事全員が賛同して決まった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ