ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》黄熱病=サンパウロ市内すべてのUBSで予防接種=市民に強い警戒呼びかけ

《ブラジル》黄熱病=サンパウロ市内すべてのUBSで予防接種=市民に強い警戒呼びかけ

 サンパウロ市では19日より、市内すべての保健所(UBS)で黄熱病の予防接種を受けることが可能になった。19日付G1サイトが報じている。
 サンパウロ州の黄熱病予防接種キャンペーンは16日で終わったが、サンパウロ市では1月25日~3月16日の第2次キャンペーンが感染危険地域だけを対象としていた上、接種を受けた人は、目標の390万人の61・5%のみの240万人だけだった。
 この結果に対し、サンパウロ州保健局長のダヴィド・ウイップ氏は、「非常に残念な低い率だ」と不満を口にしている。
 サンパウロ市では既に8人の黄熱病患者が確認され、4人が死亡している。これらはいずれも「野生型(シルヴェストレ)」と呼ばれ、森林地帯に行った人または森林地帯の近くで働いている人たちが黄熱病ウイルスに感染したヤブカに刺されて感染した例で、ネッタイシマカが媒介する都会型(ウルバーノ)ではない。
 サンパウロ市では全人口の95%が予防接種を受けることを目標としており、19日からの第3次キャンペーン(5月30日まで実施)では、580万人が予防接種を受けることを期待している。
 なお、19日からの接種には、顔写真入の身分証明書と統一医療保健システム(SUS)のカードがあれば良い。SUSカードはその場でも作ってもらえる。なお、過去の予防接種歴を示すカードを持っている人は、それも持参すると良い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄2021年2月27日 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄  ブラジル中西部のマット・グロッソ・ド・スル州の州道40号線で24日、犬のお手柄でトラックの車体に隠された大麻1・3トンが押収されるという事件があった。  連邦警察と軍警が共同で行っていた車両検査で引っ掛かったのは、40歳の男性が運転していたトラックだ。最初の検査では […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も2021年2月27日 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田清七会長)は1月28日9時半にリベルダーデ区の本部5階で「一月定例会議」を開催し、3月から会員にも「価格表1」を適用することを決め、リベルダーデ医療センターでの対応に限って診察料や検査代を半額程度で対応することになった。検査によって料 […]