ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁=カルメン長官へ圧力高まる=最高裁全判事が非公式会合?=「2審有罪で即逮捕」再審理か=ルーラ逮捕が目前との噂で

《ブラジル》最高裁=カルメン長官へ圧力高まる=最高裁全判事が非公式会合?=「2審有罪で即逮捕」再審理か=ルーラ逮捕が目前との噂で

カルメン・ルシア長官(José Cruz/Agência Brasil)

カルメン・ルシア長官(José Cruz/Agência Brasil)

 14日にセウソ・デ・メロ最高裁判事がカルメン・ルシア長官に申し入れた、「2審での有罪判決後に刑を執行するか否かに関する非公式会合」が、20日に行われる可能性があるとG1サイト午後3時版記事が報じている。この話し合い次第で、この問題についての再審理を行うか否かが決まる可能性がある。月末にも逮捕の可能性があると噂されるルーラ元大統領に直結する問題だけに注目を集めている。ベージャ誌サイト20日午後4時24分付記事によれば、カルメン長官は20日と見られていた非公式会合を21日に延期し、「公式会合」にしたと報じた。

 G1サイトで20日午前7時に政治ジャーナリストのエリオ・グロビッツ氏は「カルメン・ルシアは耐えられるか?」との題名のコラムを発表、「『2審有罪で即逮捕』の問題に関し、最高裁は最終的な判断を下さなければいけないが、いまどんな動きをしてもルーラを刑務所行きから救うための試みにしか見られないだろう」と断定した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 今、ブラジルで何が?=ストの大混乱と汚職捜査=だからこそ若者よ頑張れ!=サンパウロ市在住 田中禮三(5月26日記)2018年5月31日 今、ブラジルで何が?=ストの大混乱と汚職捜査=だからこそ若者よ頑張れ!=サンパウロ市在住 田中禮三(5月26日記)  サッカーワールドカップ開幕まで1カ月を切り、サッカー熱気が日に日に増すこの時期に、誰も想像しなかった緊急事態がブラジルで発生している。事の発端は、21日から始まったディーゼル油の価格高騰に業を煮やしたトラック運転手によるサボタージュ(スト)だ。幹線道路をトラックで塞ぐ […]
  • 東西南北2018年3月17日 東西南北  14日夜以降、「マリエーレ・ショック」に襲われている最中のブラジル。国内ニュースはこの件でほぼ独占状態だが、それにしても、国民がこれほどに一致団結して抗議活動を行うのはジウマ大統領の罷免前以来ではないだろうか。不人気なテメル政権やルーラ元大統領の裁判結果に対しても、国民の反応 […]
  • 2審有罪のルーラ被告=今年の大統領選に強行出馬表明=フィッシャ・リンパ法の隙間かいくぐり=今後次々に降りかかる訴訟2018年1月27日 2審有罪のルーラ被告=今年の大統領選に強行出馬表明=フィッシャ・リンパ法の隙間かいくぐり=今後次々に降りかかる訴訟  サンパウロ州グアルジャーの高級三層住宅を介した収賄と資金洗浄の第2審裁判が24日、南大河州ポルト・アレグレの第4地域裁(TRF4)で行なわれ、ルーラ元大統領は1審よりも重い、禁錮12年1カ月の判決を受けた。それにも関わらず、ルーラ氏ならびに労働者党(PT)は、同裁や上 […]
  • 東西南北2017年12月16日 東西南北  サンパウロ市~パラナ州クリチーバ間をつなぐ高速道として知られるレジス・ビッテンコート高速道の最後の複線化工事が終了し、来週にも正式に使用される見通しだという。この高速道はかねてから交通事故による死者が多い道路として知られていたが、このたび、349キロ~353キロ、356キロ~ […]
  • 《ブラジル》ルーラ元大統領=検察庁が9件目の起訴=今度は自動車業界向け暫定令で=元側近と共に600万レ受領2017年9月13日 《ブラジル》ルーラ元大統領=検察庁が9件目の起訴=今度は自動車業界向け暫定令で=元側近と共に600万レ受領  ブラジル連邦検察庁が11日、2009年11月23日にルーラ元大統領が出した、自動車製造業者向けの税優遇措置を定めた暫定令(MP)471号に関する収賄疑惑で、元大統領と、当時はルーラ氏付秘書室長で、ジウマ政権では大統領府総務室長官となったジルベルト・カルヴァーリョ氏を起 […]