ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市は21日、公共照明局のデニーゼ・アブレウ局長を解任することを発表した。これは、サンパウロ市の公私共同投資プロジェクト(PPP)で落札した企業FMロドリゲスの理事たちとの会話の録音がテレビやラジオを通じて暴露されたことに端を発している。デニーゼ氏はこの録音の中で、入札の対抗馬だったコンソーシオ「オ・ウォークス」を敵と呼び、FMロドリゲスを「私たち」と呼んで不正入札が行われたことをうかがわせただけでなく、賄賂の交渉らしきことをほのめかした。また、他の市局員がエレトロパウロ社から収賄をした疑惑まで暴露した。デニーゼ氏本人のクビだけではすまなくなりそうな問題だ。
     ◎
 20日、サンパウロ市東部グアイアナゼスの保育園で、生後7カ月の赤ちゃんを置き去りにしたままで職員が帰宅する事態が起きた。この日は大雨が降ったため、赤ちゃんを迎えに行く父親の到着が通常より遅れたが、そのことは事前に母親から保育園に連絡済みだった。にも関わらず、父親が到着した時には教職員の姿はなく、電気は消え、カギもかけられていた。仕方なく父親は隣家の屋根に上り、窓を破って赤ちゃんを取り出した。保育園の信用はがた落ちだ。
     ◎
 21日のサッカーのサンパウロ州選手権準々決勝、グループ予選から好調のパルメイラスはノヴォリゾンチーノを5―0で撃沈し、余裕でベスト4に進出。それとは対照的に、サントスはボタフォゴSP相手に2戦連続で無得点引き分けに終わるというピリッとしない内容だったが、PK戦でなんとか振り切り、4強入りを決めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 東西南北2021年2月2日 東西南北  1月30日に行われたリベルタドーレス杯の決勝戦。会場のリオのマラカナン・スタジアムでは少数の観客を入れて試合を行ったが、観客席にサントスのユニフォームを着たブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長がいたことが問題視されている。同市長は招待を受けての観戦だったというが、癌の治療の […]
  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 東西南北2021年1月28日 東西南北  サンパウロ州政府の規制強化により、少なくとも2月7日まで午後8時から翌朝6時までの商業活動は生活必需のものに限定されている。だが地域によっては、さらに厳しい規制が行われている。内陸部のトゥピ・パウリスタ市(赤レベル)では午後8時以降、朝5時までの外出禁止令が出され、この時間帯 […]