ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市は21日、公共照明局のデニーゼ・アブレウ局長を解任することを発表した。これは、サンパウロ市の公私共同投資プロジェクト(PPP)で落札した企業FMロドリゲスの理事たちとの会話の録音がテレビやラジオを通じて暴露されたことに端を発している。デニーゼ氏はこの録音の中で、入札の対抗馬だったコンソーシオ「オ・ウォークス」を敵と呼び、FMロドリゲスを「私たち」と呼んで不正入札が行われたことをうかがわせただけでなく、賄賂の交渉らしきことをほのめかした。また、他の市局員がエレトロパウロ社から収賄をした疑惑まで暴露した。デニーゼ氏本人のクビだけではすまなくなりそうな問題だ。
     ◎
 20日、サンパウロ市東部グアイアナゼスの保育園で、生後7カ月の赤ちゃんを置き去りにしたままで職員が帰宅する事態が起きた。この日は大雨が降ったため、赤ちゃんを迎えに行く父親の到着が通常より遅れたが、そのことは事前に母親から保育園に連絡済みだった。にも関わらず、父親が到着した時には教職員の姿はなく、電気は消え、カギもかけられていた。仕方なく父親は隣家の屋根に上り、窓を破って赤ちゃんを取り出した。保育園の信用はがた落ちだ。
     ◎
 21日のサッカーのサンパウロ州選手権準々決勝、グループ予選から好調のパルメイラスはノヴォリゾンチーノを5―0で撃沈し、余裕でベスト4に進出。それとは対照的に、サントスはボタフォゴSP相手に2戦連続で無得点引き分けに終わるというピリッとしない内容だったが、PK戦でなんとか振り切り、4強入りを決めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 東西南北2020年9月15日 東西南北  この週末、13日に行われたフランスのサッカー国内リーグの対マルセイユ戦で、PSGのネイマールは、相手ディフェンダー、アルヴァロ・ゴンザレスの後頭部を叩き、一発退場となった。ネイマールによると、この選手からは人種差別的な発言をされたということで、試合後もSNSで「顔を殴ればよか […]
  • 東西南北2020年9月12日 東西南北  10日、サンパウロ市は今年に入って2番めに高い33・4度を記録した。今年の最高気温は1月27日に記録した33・7度だ。普通、年間の最高気温は夏季の1月もしくは2月に記録されるが、以前から9月もしくは10月に気温が急に高くなることは決して少なくなく、今年も4日に32・5度を記録 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]