ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ルーラ大統領は5日、SBT局の番組「SBTブラジル」でインタビューを受け、「逮捕されることなど怖くない」と語った。ルーラ氏は「そのうち、敵も親友も、零細企業や大企業の人間も、私と疑惑の会話を行ったなんていい出すんだろ」と、自身や身近な人物への疑惑の報道を皮肉った。だが、このインタビューが流れた5日の番組視聴率は、前日と前々日の7ポイントから6ポイントに落ちた。通常、大統領の独占インタビュー、しかも在職中に高い人気を誇ったルーラ氏ともなると局側は視聴率アップを期待したはずだが逆効果となった。ルーラ氏の国民の求心力は落ちてきているのか?
     ◎
 サンパウロ市中央部セルケイラ・セーザルにあるクリニカス病院では本日、皮膚がんの無料検診を行う。検診の時間は午前9時から午後3時までの6時間となっている。もし自分の体に、通常の形状と違って見えるシミや、血を流した傷跡があったりする人で、普段は「お金がかかるから」などの理由で診察に行きそびれている人がいたら、この機会を利用したいところ。「大したことないだろう」と思っていたところから、意外な命拾いがあるかもしれない。
     ◎
 今週行われるサッカー全国選手権では、コリンチャンスの優勝が見られるかもしれない。ただ、それは今日の試合にコリンチャンスが勝って、明日、アトレチコ・ミネイロが負けか引き分けに限るので、試合に勝って決まるドラマティックなものではない。今回を逃すと次戦は19日(木)リオでの対ヴァスコ戦。しかも、主力4選手がW杯予選の試合の2日後だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年5月15日 東西南北  12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルー […]
  • 東西南北2018年5月9日 東西南北  8日午前に突如発表されたジョアキン・バルボーザ氏の大統領選出馬断念。テレビ司会者のルシアノ・フッキ氏が出馬断念後に、「政界浄化」の希望を込めてそれなりに高い支持率を得ていた同氏だったが、そこはやはり元々が政治家ではない人物。「きれいそうなイメージ」だけでは政治はできない、とい […]
  • 東西南北2017年12月16日 東西南北  サンパウロ市~パラナ州クリチーバ間をつなぐ高速道として知られるレジス・ビッテンコート高速道の最後の複線化工事が終了し、来週にも正式に使用される見通しだという。この高速道はかねてから交通事故による死者が多い道路として知られていたが、このたび、349キロ~353キロ、356キロ~ […]
  • 東西南北2016年9月10日 東西南北  最高裁のテオリ・ザヴァスキ判事は、今日付頭本頁で報じた、ルーラ元大統領の訴訟を退けただけでなく、8日にはジウマ前大統領の訴訟も退けた。その訴状は「大統領罷免を無効とする」というものだが、「議会の決定を無効にするに足りるだけの理由がない」として退けられた。街ではいまだにテメル大 […]
  • 東西南北2016年8月16日 東西南北  自国が五輪期間中も、サッカーの全国選手権は休まず開催される。今回の五輪代表は23歳以下の若い選手が多いため、本来なら国内のチームに影響が及ぶはずなのだが、15日現在の上位4チームは、ガブリエル・ジェズスのパルメイラス、ガビゴルやゼッカのサントス、ルアンやウォレスのグレミオ、ダ […]