ホーム | ブラジル国内ニュース | ボリビアでM6・8の地震=連邦直轄区やサンパウロ州でも体感

ボリビアでM6・8の地震=連邦直轄区やサンパウロ州でも体感

揺れを感じ、建物から退去した人々(ブラジリア、José Cruz/Agencia Brasil)

揺れを感じ、建物から退去した人々(ブラジリア、José Cruz/Agencia Brasil)

 2日午前10時40分頃、ボリビア南部で地震が発生し、ブラジル各地でも建物に中にいた人達が退去するといった事態が起きたと2日付ブラジル国内紙サイトが報じた。
 ブラジリア大学地震観測所によると、地震の強さはマグニチュード6・8、震源地はボリビア南部でパラグアイにも近いチュキサカ県カランダイチ市から13キロ、震源の深さは557キロ。658キロに達していた可能性もあるようだ。
 この地震は、連邦直轄区やサンパウロ州、ミナス州、パラナ州、サンタカタリーナ州、南大河州でも体感された。
 最も揺れを感じたのは連邦直轄区で、ブラジリアでは、午後2時の時点で、大きな揺れを1回と小さな揺れを3回観測している。大きな揺れは5秒程度続き、12時半までに教育省、法務省、通商産業サービス省、第一地域裁、インフラエロといった連邦施設や連邦直轄区会計検査局など、14の建物で、退去指示が出た。退去者の中には吐き気や頭痛を訴えた人もいたが、ケガ人や建物の被害は報告されていないようだ。
 サンパウロ市では、パウリスタ大通りにあるペトロブラス社のビルや、リアシュエロ街の検察局のビルなどで全員退去の指示が出た。同市北部とパウリスタ地区では住民の要請で消防も出動したとされている。サンパウロ州では内陸部のマリリアでも市役所のビルで退去命令が出た他、サントス市などの海岸部でも地震が体感された。
 ミナス州ではベロ・オリゾンテ市、ウベルランジア市、アラシャー市などで、建物から退去するよう指示が出た。ウベルランジア市のアウガル社の社屋では3回の揺れを感じたという人もいた。
 パラナ州でも、北西部のウムアラマ市や北部のマリンガー市、西部のカスカヴェル市などでの揺れが強く、建物が空っぽにされた。北西部のシアノルテ市や北部のロンドリーナ市でも揺れが感じられたという。
 南大河州のパッソ・フンド市では、地震に驚いた住民からの通報が10件程度、防災局に寄せられ、内部に居た人達への退去指示が出た建物も出た。サンタカタリーナ州でも、イタジャイー市防災局への通報が15件を超えるなど、地震体感者が相当数いたようだ。
 なお、ボリビアでの被害状況などに関する具体的な報道は、2日午後5時点で出ていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》セアラー州=PCC幹部らの死体発見=連警と治安維持部隊を派遣2018年2月20日 《ブラジル》セアラー州=PCC幹部らの死体発見=連警と治安維持部隊を派遣  セアラー州アキラスの先住民居住区で18日、聖州に本拠を置く麻薬密売組織、州都第一コマンド(PCC)の幹部2人の死体が見つかり、テメル大統領が同日、連警26人と国家治安維持部隊(フォルサ・ナシオナル・デ・セグランサ、FN)10人からなる特別支援班を派遣したと19日付現地 […]
  • ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート2015年10月10日 ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート  8日、チリの首都サンチアゴで行われた、18年ロシアW杯南米地区予選開幕戦で、伯国代表はチリに0対2の敗北を喫した。チリ相手の敗戦は15年ぶり、W杯予選開幕戦の黒星は史上初と手痛い結果となったと9日付伯字紙が報じた。 大黒柱ネイマールを欠く伯国は先発に前回大会経験者8人を並べた […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]
  • サントス港=コカイン3・7キロ押収=PCCも関与の組織犯罪2014年4月2日 サントス港=コカイン3・7キロ押収=PCCも関与の組織犯罪 ニッケイ新聞 2014年4月2日  聖州の麻薬密売組織、州都第一コマンド(PCC)が欧州などに送るはずのコカイン3・7トンが、3月31日にサントス港で押収された。1日付伯字紙が報じている。 このコカインは、連邦警察が昨年から行なっている「ハルク作戦」と「オーヴァーシー作戦」と呼 […]
  • 初航海から半世紀—=「さくら丸」同船者会=着伯年問わず、参加募る2013年3月9日 初航海から半世紀—=「さくら丸」同船者会=着伯年問わず、参加募る ニッケイ新聞 2013年3月9日  1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者会が5月19日午前10時から、聖市の宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で開かれる。 […]