ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市市長選=PTはボウロス支持表明=ルッソマノはコーヴァス推す

サンパウロ市市長選=PTはボウロス支持表明=ルッソマノはコーヴァス推す

 29日に行われる決選投票を前に、サンパウロ市市長選を争うブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)とギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が支持の獲得合戦を行っている。18日付伯字紙が報じている。
 ボウロス氏にはまず、労働者党(PT)候補で得票数が6位に終わったジウマール・タット氏をはじめ、フェルナンド・ハダジ元市長、市議会議員選でトップ当選したエドゥアルド・スプリシー氏、ルーラ元大統領が推薦を明らかにしている。左派最大党のPTが応援につくことは、左派の票割れを起きにくくする意味で大きい。
 一方、コーヴァス氏には、選挙1カ月前は支持率1位だったが投票では4位に終わったセルソ・ルッソマノ氏(共和者・RP)が支持を表明している。ルッソマノ氏所属のRPはウニベルサル教会とのつながりがきわめて強い政党として有名。だが、同氏を支持したボルソナロ大統領はコーヴァス氏のPSDBと反目関係にある。

 5位に終わったアルトゥール・ド・ヴァル(パトリオッタ)、8位に終わったジョイセ・ハッセルマン氏(社会自由党・PSL)といった新興右派の候補は「どちらも支持しない」との姿勢を打ち出している。
 注目は、13%の支持で3位のマルセロ・フランサ氏(ブラジル社会党・PSB)だ。18年大統領選3位のシロ・ゴメス氏が所属し、PSBと同盟関係にある民主労働党(PDT)は、サンパウロ市ではボウロス氏、リオ・グランデ・ド・スウ州ポルト・アレグレ市ではマヌエラ・ダヴィラ氏(ブラジル共産党・PCDoB)の推薦を決めているが、フランサ氏はPSBの出方を待っている。PSBは左派政党だが、フランサ氏はジェラウド・アウキミン氏(PSDB)が知事時代の副知事だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》店舗数が7万5千も減少=零細・小規模企業が大半2021年3月2日 《ブラジル》店舗数が7万5千も減少=零細・小規模企業が大半  全国材・サービス・観光商業連合(CNC)が1日、新型コロナのパンデミックのため、2020年の店舗数は7万5千減少したと発表した。この数字は、開店店舗数と閉店店舗数の差だ。  閉鎖した店舗の98・8%は零細・小規模企業が占めている。店舗減少は全ての州で起きたが、上位3 […]
  • 《サンパウロ州》77歳以上の接種を3日から開始=全国の週平均死者数1200人超/日=最悪記録更新中、高齢者3密摘発も2021年3月2日 《サンパウロ州》77歳以上の接種を3日から開始=全国の週平均死者数1200人超/日=最悪記録更新中、高齢者3密摘発も  先週土曜日から80~84歳のワクチン接種を始めたばかりのサンパウロ州だが、この3日から77~79歳の接種も開始すると発表した。サンパウロ州政府の事前登録サイト(https://www.vacinaja.sp.gov.br/)で必要情報を書き込んだ上で最寄りの保健所(U […]
  • 東西南北2021年3月2日 東西南北  サンパウロ州では、80歳から84歳を対象とするコロナウイルスのワクチン接種が行われている。サンパウロ市の場合、5カ所のドライブスルーでは2月27日、468カ所ある保健機関では1日からはじまっているが、ドライブスルー会場の初日は実に5時間待ちとなるほどの長蛇の列ができ、大混乱だ […]
  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • 5団体が天皇誕生日祝賀会=日本館で開催、動画配信2021年3月2日 5団体が天皇誕生日祝賀会=日本館で開催、動画配信  ブラジル日系主要5団体と在ブラジル日本国大使館、在サンパウロ総領事館が共催した天皇誕生日祝賀会の動画が、2月23日午後7時から、ユーチューブの文協デジタルチャンネルで配信された。祝賀会はサンパウロ市のイビラプエラ公園内の日本館で開催され、式典やコンサートの様子が配信さ […]