ホーム | ブラジル国内ニュース | 米中貿易戦争=ブラジル畜産業界には得?=ブラジル産豚肉が中国でシェア拡大か

米中貿易戦争=ブラジル畜産業界には得?=ブラジル産豚肉が中国でシェア拡大か

ブラジルは牧畜大国でもある(参考画像・Ricardo Stuckert/Instituto Lula)

ブラジルは牧畜大国でもある(参考画像・Ricardo Stuckert/Instituto Lula)

 米国のトランプ政権が鉄鋼、アルミニウム製品の輸入関税を大きく引き上げた問題で、これまで米国に鉄鋼製品を輸出していた中国は、米国産製品の輸入関税を引き上げることで対抗しており、この〃貿易戦争〃が、ブラジル食肉産業に漁夫の利をもたらすのではないかと3日付フォーリャ紙が報じた。
 中国の豚肉消費量は年間5600万トンで、世界最大を誇っている。米国の鉄鋼関税引き上げ後、中国も4月1日には米国産128品目にかかる関税を15~25%に引き上げるとし、豚肉には上限いっぱいの25%の関税がかけられることになった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ