ホーム | 日系社会ニュース | 西森ルイス下議=G20でボルソナロ大統領と訪日=日本とのEPA締結に熱意=「社会保障改革、税制改革通す」

西森ルイス下議=G20でボルソナロ大統領と訪日=日本とのEPA締結に熱意=「社会保障改革、税制改革通す」

来社した西森ルイス下議

 大阪市で行われたG20サミットに参加するため、6月27~29日に訪日したジャイール・ボルソナロ大統領に同行した西森ルイス弘志連邦下院議員(70、二世、PR)。G20の裏話や、今後の連邦議会の方向性について聞いてみた。
 「あんなに警備が厳重なのを初めて見た。どこを見ても警官がズラリ。すごかったね」――開口一番、西森下議はG20の感想をそう語った。
 訪日中、ボルソナロ大統領と共に各国の首脳陣との対話に同席した西森下議。「驚いたのは、ロシアのプーチン大統領。通訳以外誰も連れずに一人で会議室に入ってきた。僕とも5分くらい立ち話をした。向こうから『僕は柔道をやっているんだ』と言ってきた」との逸話を披露した。
 さらに「トランプ大統領や、サウジアラビアのムハンマド皇太子等と話した。トランプ大統領とは写真も撮りましたよ」とその時の様子を語る。日本の安倍晋三首相との会談では、「ブラジル側からEPA(経済連携協定)締結に向けての話し合いを始めようと提案し、貿易などについて色々と話し合った」とし、日伯の経済交流強化の方向で合意している。
 ボルソナロ大統領は10月には中国、サウジアラビア等の歴訪を予定。加えて10月22日の新天皇即位の「即位礼正殿の儀」も出席する意向があり、「大統領が行けなければ、ハミルトン・モウラン副大統領が行く。私も含め、ブラジルから7名は行くのでは」とも。
 また、安倍首相が11月にチリ・サンチャゴで開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議に出席する予定であることから、ボルソナロ大統領は「そのときにブラジルまで足を伸ばしてほしい」と来伯を要請する招待状を渡したという。G20に続いて11月にも日伯首脳会談があれば、EPA締結に向けた議論開始にはずみが付きそうだ。
 今週から再開した連邦議会については、「社会保障改革は下院議会で2回目の採決をすんなり行い、上院に回る。今の改正案では州と市の公務員が入ってないが、上院ではこれを組み込んで可決する予定。この条文修正を受け、もう一度、下院議会に戻して採決し、8、9月中には最終承認となるのでは」との見通しを語った。
 その後「税制改革の方も今年中に進める。税制が複雑なので、流通税などをシンプルにしたい」と意気込む。さらに「相続税を上げ、高額所得者への課税率を上げる案も出ている」とのこと。
 EU・メルコスール間の自由貿易協定(FTA)交渉開始が政治合意に至ったことを挙げ、「米国もおそらくFTAを締結しようとするのでは。そうなったら日本も」と強気な発言。「ブラジルの景気が良くなれば、世界中の投資家の注目が集まってくる。そのためには、まず社会保障改革と税制改革を今年中に通さなくては」と強調した。


□関連コラム□大耳小耳

 昨年3月、ボルソナロ氏は大統領選候補者として、西森ルイス下議と訪日した。その際、なんとボルソナロ氏は「行き帰りの飛行機は全てエコノミークラス」だったとか。しかも日本滞在中は「アパホテルで3600円の部屋に全員で泊まりました」と西森下議は驚きの逸話を披露した。「僕一人ならニューオータニに泊まるけどね」と苦笑い。大統領は意外と庶民的な感覚? 
    ◎
 西森下議は、来年が入管法改正によるデカセギブーム開始30周年であることから、そのお祝いに訪日してイベント開催を企画中という。「ブラジルのカラーを出して、日伯の友好関係を訴えていきたい」とも。さらには「来年はロドリゴ・マイア下院議長を日本に連れていきたい」と意気込んだ。実現すれば、日伯の関係はさらに強化される!?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ!2019年12月3日 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ! アジア系が手を組んだ東洋街のブラックフライデー  「火は小さいうちに消せ!」「天気が良いうちに屋根を直せ」――これは人生においても、外交においても常に頭に置いておくべき金言ではないだろうか。  サンパウロ市のパウリスタ大通りに今年できたばかりの韓国文化院で、最近 […]
  • 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論2020年12月22日 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論  「なぜブラジルで日本語を勉強するのか?」――19日午前、オンラインで南米全伯日本語教育会議のプレ会議が行われ、50人以上が参加して日本語教育の将来を熱心に討議した。来年2月27日実施予定の本会議の予備会合という位置づけだ。  閉会式の挨拶で、主催したブラジル日本語セ […]
  • 《記者コラム》コロナ禍に立ち向かう世界の日系社会現地報告2020年11月10日 《記者コラム》コロナ禍に立ち向かう世界の日系社会現地報告  毎年10月に東京で開催される「海外日系人大会」がパンデミックを受け、今年は「オンラインフォーラム2020《「コロナの時代を乗り越える世界の日系人」》(https://www.youtube.com/user/wwtjadesas/)として開催された。  初のオンライン開催の […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • ボルソナロは独裁者になれるか?2020年6月12日 ボルソナロは独裁者になれるか?  5月末から、ブラジルでは反ファシズム・デモが行われている。これは、自分たちに都合が悪くなるとやたらと軍事クーデターの可能性をチラつかせるボルソナロ大統領関係者の言動に対する国民の反発に、米国で起こった、白人警官による黒人男性殺人事件に対する全米規模でのデモの影響が加わ […]