ホーム | 日系社会ニュース | 仏教は伯国でどう広まったか=菅尾監督、映画製作追い込み=「変わることで本質浮き彫りに」=伯国9月、日本10月公開

仏教は伯国でどう広まったか=菅尾監督、映画製作追い込み=「変わることで本質浮き彫りに」=伯国9月、日本10月公開

映画の1シーン

映画の1シーン

 ブラジルで仏教はどう広まってきたのか――南米浄土真宗本願寺派(通称・西本願寺)の開教師として来伯した菅尾健太郎さん(40、広島県)が監督をつとめるドキュメンタリー映画『Três Joias(邦題:ブラジル仏教)』が完成に近づいている。総制作費は約35万レ。2年がかりで撮影を終え、いまは編集中だ。伯国では9月、日本では10月に日本語字幕付きで初上映される予定。110年前に笠戸丸移民と共に伝来した仏教が、ブラジルでいかに広く受け入れられているかを描いたこの作品の見どころを、菅尾さんに聞いてみた。

 映画のタイトルを直訳すれば「三宝」。仏教における三つの宝「仏・法・僧」を示し、それに則って3部構成(各1時間)の形をとる。
 当地で仏教と深いかかわりを持つ40人に取材するが、うち日系人は1人のみ。日系社会以外にも広まった現状が様々な観点から語られる。菅尾さんはブラジル人スタッフと協力しながら、ポ語のブラジル映画として制作した。
 第1部『仏陀―伯国の僧侶』では禅宗の孤円師(俗名クラウジオ・ソウザさん)、チベット仏教のラマ・パドマ・サンテン師、南米真宗大谷派の釈利満師(俗名リカルド・マリオ・ゴンサルベスさん)など、当地仏教界を代表するブラジル人僧侶が登場し、当地での仏の教えの実践、その受け入れられ方の特徴などを紹介する。
 第2部『達磨(サンスクリット語で「法」)―一般人と仏教の関わり』では民間の伯人仏教徒の活動を取上げる。大学の仏教学者や出版社代表としてポ語で仏教書を刊行するエニオ・ブルコス氏、伯国最大の仏教ポータルサイト「ダルマネット」の創設者など、各登場人物の仏教徒の関わりと普及活動の様子を撮影した。
 第3部『サンガ(僧団)―仏教のコミュニティ』では、ブラジルにある浄土真宗やチベット仏教のなど宗教コミュニティに密着し、一般にはまったく知られていない内部の生活を描き、今後の展望にも踏み込んだ。
 菅尾さんは「土地にあわせて変わっていくことで、むしろ、仏教の本質的なものが浮き彫りになる」と前置きし、「仏教が伯国のどこに広がり、どう受け止められ、どんな変化をしているのか。この110年の間に『伯国の仏教』ができつつある。伯国仏教の多様な側面を描き、仏教徒として生きる課題を考えるもの」と紹介した。
 菅尾さんは日本で中央仏教学院や行信教校といった仏教専門校で学び、02年に開教師として来伯した。05年にマリリア本願寺の主管となり、ポ語の日曜礼拝、仏教講座の開始、NGO(非営利団体)を設立して青少年へ情操教育を行なうなど布教の形を模索してきた。
 12年の米国留学時に米国仏教の歩みを記録した仏教映画『Streams of light』を撮影したことから、第2段としてブラジル編を作った。作品の詳細は公式サイト(http://www.tresjoias.com.br)へ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!2019年1月8日 リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!  ブラジル日本移民110周年記念事業の一環として、「リオ日本移民史料館」が12月15日、リオ日系人協会に落成した。これはリオ日系社会が寄付金を募り、約6万レをかけて建設されたもの。同地のブラジル日本移民110周年記念実行委員会(松浦實実行委員長)からリオ州に寄贈された。 […]
  • 横浜で移民110周年記念行事=約300人が参加、サンバ踊る2018年11月24日 横浜で移民110周年記念行事=約300人が参加、サンバ踊る  Viva110!ブラジル日本移民110周年を祝う横浜市民の会(代表:小林正博)が、『VIVA! 110 de Yokohama』(横浜でみんなで祝おうブラジル日本移民110周年)を11日午後、JICA横浜センター体育館で開催した。イベントには約300人が来場し、ブラジ […]
  • 演歌歌手エドアルドが凱旋=「嬉しくて言葉にならない」=110周年ディナー・ショー、30日2018年11月15日 演歌歌手エドアルドが凱旋=「嬉しくて言葉にならない」=110周年ディナー・ショー、30日  コロニアが産んだ初の伯人男性演歌歌手・エドアルドさん(34、プロダクションオーロラ所属)の「ブラジル日本移民110周年記念慈善ディナー・ショー」が、30日午後6時半から聖市文協多目的ホール(Rua Sao Joaquim, […]
  • 山形県人会創立65周年祝う=笠戸丸以前から県人南樹活躍=研修員が母県との懸け橋に2018年10月24日 山形県人会創立65周年祝う=笠戸丸以前から県人南樹活躍=研修員が母県との懸け橋に  ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)は21日、県人会創立65周年及び県人移住111周年記念式典を聖市のブラジル宮城県人会館で行った。母県から若松正俊副知事、寒河江浩二山形新聞社長ら31人が慶祝に訪れ、県人ら総勢300人で晴れの日を祝った。  式典では両国歌斉唱、先没者 […]