ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 聖州パウリスタ線の中心都市にあるマリリア日系文化体育協会(シミズ・ケンイチ会長)が主催する「第16回ジャパン・フェスチ」が、19、20、21、22日の4日間、同協会(Av. Benedito Alves Delfino, 2580)で開催される。毎年約7万人の来場者を迎え、聖州では県連日本祭りに次ぐ規模の祭だ。今年は移民110周年の節目を記念し、同市との姉妹都市協定の締結を目指して、大阪府の泉佐野市から松下義彦副市長ら一行も出席する。これは同会野球部にJICAボランティアで派遣されている元中日ドラゴンズ與浦幸二さんが仲介役となり、スポーツを中心とした両国間の人的交流を目指したもの。これをきっかけに日伯関係の強化がさらに期待できそう?
    ◎
 10日付け本欄で俳誌『朝蔭』作品を紹介した際、間違いがあった。《日本の神も飾りてプレゼピオ》の句を島村千世湖さんの作品として紹介したが、正しくは畠山てるえさんのものだった。お詫びして訂正する。島村さんから指摘する手紙が編集部に届いて判明。いわく「私もこんないい句を作りたいと思っている毎日です」とのこと。さらに島村さんからは新聞配達の悪さに関しても、「町に働きにいっている娘が、新聞を毎日持ってきてくれる予定ですが、一週間に3部くれば良いほうです。それもナンバーが後先で、先週のだったり」と苦言をいただいた。地方都市への配達はトランスフォーリャ社に委託しており、通常は週3回。でも同社の配達員がよくサボるので有名…。ニッケイ新聞としても困っている。読者の皆さんには大変申し訳ないが、なんとかお付き合いをお願いしたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オザスコ日本祭り2万人来場!=リンス市長「日伯繋ぐ重要な行事」=40万枚の折り紙の龍展示も2018年6月14日 オザスコ日本祭り2万人来場!=リンス市長「日伯繋ぐ重要な行事」=40万枚の折り紙の龍展示も  ブラジル日本移民110周年を記念して、オザスコ日伯文化体育協会(荒木進会長)は「第9回日本祭り」を9、10の両日、同会の特設会場で開催した。主要舞台では多岐におよぶ演目が披露されたほか、充実した日本文化体験に多くの伯人客が押し寄せ、両日で延べ2万人が来場した。なかには […]
  • 大耳小耳2018年2月3日 大耳小耳  兵庫県加古川市は、先月11日、サッカー元日本代表の三都主アレサンドロを、市の魅力をPRする「加古川観光大使」に任命した。同市が三都主の出身地であるパラナ州マリンガ市と姉妹都市提携を結んでいることから、観光大使に任命された。彼は故郷マリンガに帰ってインスティツット・アレックス・ […]
  • 大耳小耳2014年2月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月1日  県連代表者会議では、改装を予定している文協ビル5階の県連会議室を、今年3月27日の定期総会までに使用可能な状態を目指すことが執行部から示されたほか、2018年の日本移民110周年記念祭に向け、日系5団体がそれぞれ5千レを出資し、資金集めの呼 […]
  • 大耳小耳2013年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月13日 […]
  • 大耳小耳2018年6月29日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)が同ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, […]