ホーム | コラム | 樹海 | それぞれの言い分と曲げてはならないもの

それぞれの言い分と曲げてはならないもの

 ルーラ元大統領の逮捕命令が出たのは5日。サントアンドレの金属労組にこもり、支持者という人垣に守られて「連警が迎えに来るのを待つ」という6日の報道に「往生際が悪い」と呟いたら、「それは捕まって欲しい側の言い分」と言われてしまった▼5日は、ルーラ研究所前で元大統領支持者3人から暴行を受けた企業家が、トラックの荷台で頭を強打し、頭蓋骨骨折を起こす事件も起きた。その後、暴行を加えた3人を起訴と聞き、「酷い事件だ」と言ったら、別の人に「支持者を挑発したから」と切り返された▼ラヴァ・ジャット作戦開始から4年余りになるが、労働者党(PT)の政治家への捜査や逮捕といった報道が続いた時、「民主社会党(PSDB)の方がもっと酷い収賄事件を起こしている」と言った人もいた。何事も一度には対処出来ないから、PSDB関係者は民主運動(MDB)や進歩党(PP)の関係者の後に捜査対象となるだろうと言ってみたが、「なぜPTだけ悪者にされるのか」との不満顔は消えない▼確かに、いくら叩いても埃の出ない政治家は少ないし、清濁併せ呑む事が器の大きさの証とされている部分もある。だが、間違った事をしても、「あの人もやっている」で通ってしまえば、誰も襟を正さなくなるし、善悪の判断基準は簡単には変わらないはずだ。ジョアキン・バルボーザ元最高裁長官が人気を博したのは、メンサロン裁判で政治家にも厳しい判断を下し続けたからだ。最高裁にも「法の番人」と言い難い判事はいる。だが、今だからこそ、他者の言い分は認めつつ、曲げてはならないものは保つ姿勢が求められるのではないだろうか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • 新しいものは基本があってこそ2019年11月7日 新しいものは基本があってこそ  NHKの番組で、新しいスタイルの文字(字体)を作る人は、最初の数カ月間、ひたすら明朝体の文字を模写すると聞いた。完璧に書き写したつもりでも、ベテランから線の幅やふくらみなどを直される様子を見、新しいものを作り出す前に基本を体に染み込ませる必要があるのだと痛感した▼手書き感のあ […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]